2008年 01月 16日 ( 1 )

いつまでも!

昨日、お昼ごはんを食べてから
近所のスーパーまで買い物に行こうと家を出ると・・・
我家の門の内側に、何かが置いてある!
「なんだろう??」と思って手に取ると、
袋には見覚えのある字で、その方のお名前が・・・
玄関の中へと戻り開けてみると、紙包みとお手紙が入っていました。
手紙には達筆な文字の優しい言葉が並び、思わず・・・涙。。。

前にちょっと書いた事があったけど、
私が仕事を辞めたのは、2004年末の事で、
キャバの病気が理由でした。
その頃、一緒に働いていたお友達が届けてくれたものだったのです。
彼女は、まだ仕事を続けているので、
貴重なお昼休みに、寒い中わざわざ私の家の前まで来て
ソッ・・と置いて行ってくれたのでした。
c0145250_11134359.jpg
私が仕事を辞めてから、3年以上たち・・・
彼女は仕事を続けながらも、年頃のお子さんが2人いるので、
塾や部活の送り迎えなども忙しく、なかなか会えずにいたけれど・・・
何しろ、勤務先が我家から徒歩10分以内の所なので、
たまに偶然に会えば話をしたり、年賀状のやり取りをしたり。。。
でも去年は、ファンキ~の事があり、
なんとなく私は年賀状の用意ができず、誰にも出さないでしまっていました。
それでもやはり、
ファンキ~の事を知らせていない方たちからは、年賀状が届き・・・
その方たちに、結局は遅ればせながら年賀状を出すことにし、
年賀状が遅れたお詫びと、ファンキ~の事をちょっとだけ書いたのです。

私が遅れて出した、その年賀状を読み、
私の事を気遣ってくれて、娘さんと絵本を選び、そして届けてくれたのです。
c0145250_11293150.jpg
添えられていたお手紙には、
「辛い時に何もしてあげられなくて本当にごめんね。」とあったけれど、
でも、ファンキ~の事を知らせていなかったのは私で、
ブログをしている事だって知らせていなかったのだから・・・ね。。。
だけどきっと、キャバの時の私を思い出し、
そして不細工なまでに泣きはらした顔で出社した、あの時の私の顔を
思い出させてしまったのだろうな~・・と思いました。

そのお友達には、以前にも絵本を2冊プレゼントして頂いた事がありました。
1冊目は、キャバの2度目の手術が避けられない・・・という結果が出た時。
c0145250_11435229.jpg
c0145250_1144758.jpg
あの頃の私は涙腺がともかく弱くなっていて、
優しい言葉をかけられただけで泣きそうで・・・
そんな私に、この絵本とお守りをそっと渡して励ましてくれました。
手術を受けさせなければいけない・・・その理由をキャバに、
言葉では伝えられないので、
手術の前の晩、この絵本を読んであげたのです。
キャバはお座りをして、最後までちゃんと聞いていてくれました。

2冊目は確か・・・私の最後の勤務の日だったと思います。
c0145250_11512235.jpg
c0145250_11513998.jpg


この3冊の絵本にも優しさがたくさん込められているけれど、
この絵本を私のために選んでプレゼントしてくれた・・・
そのお友達の優しさも、たくさんたくさん込められているな~・・・と
思います。

仕事を離れた事で、
自分の中では勝手に、なんとなく遠くになりつつあったお友達・・・。
こんなに優しさをもらっていたのにね・・・。

夜、久しぶりに電話でお話をしました。
ファンキ~の最後の様子を伝えると、
「ファンキ~は、やっぱり最後まで紳士だったのね!」と言ってくれました。
私も、
「ファンキ~は最後まで優しくって、可愛いファンキ~だったよ!」と
答えました。

昨日お友達に頂いた絵本の様に、
キャバやファンキ~を思う気持ちは、いつまでも 変らない!!

そしてそんな風に優しさをくれたお友達の事も、大切にしなくてはね。。。

いつまでも!!
by funfunniconico | 2008-01-16 12:29 | C&F&Nの思い出 | Trackback | Comments(11)