SAKURA*2019 その18 (心に残る赤坂の薬師桜と山口奨学桜)


c0145250_09202119.jpg



昨日の(桜の記事→の)続きですが、

次に訪れたのは、
こちらの桜です。






c0145250_09202438.jpg



10年前の春にもこの桜に会い、
それからずっと印象に残っていました。

「いつかまた」と思っていたのです。



ちなみに、
10年前の記事はコチラ(↓)ですが、
10年前と今回では逆ルートを歩いています。










c0145250_09202755.jpg



今年も美しい花を咲かせていたこの桜の名前は、






c0145250_09202911.jpg



ー赤坂の薬師ザクラー


樹齢約970年
エドヒガン
山形県指定天然記念物


昭和15年に近くの工場で火事があり、
この桜も半焼したらしい。






c0145250_09203259.jpg



苔むした株の根本付近は空洞である。

その空洞の向こうに、






c0145250_09203599.jpg



青い空と
可憐な花が見えた。






c0145250_09203855.jpg



10年前の写真と見比べれば、

花数が少なくなっただろうか・・・

こんな風に苔むしてもいなかったな~・・・

とも思う。



けれども、






c0145250_09204184.jpg



今年も
ちゃんとここに立ち、






c0145250_09204421.jpg



花を咲かせていた。






c0145250_09204702.jpg



ふと、

桜の古木には
人生に似たものがあるようにも思う。


この桜は、
火事に巻き込まれ半焼するという大きな痛手を受けたのだ。


それでも、
今も咲く。






c0145250_09205050.jpg



素晴らしい桜です。



この後に訪れたのは、






c0145250_09205389.jpg



ー山口奨学桜ー


樹齢約1000年
ソメイヨシノ



この桜も、10年前にも会っています。






c0145250_09205669.jpg








c0145250_09205954.jpg








c0145250_09210360.jpg



この後、

この地域にお住まいの婦人会(なのかな?)の方かちから
桜湯をごちそうになりました。

美味しかったので、
桜の塩漬け250円を一袋買ったら、

「この中から好きなのを選んで!」と、
婦人会の方たちが作られたのであろう布製のチューリップを差し出されました。

それが1本だけかと思ったら6~7本くらいの一束で、
なんだか申し訳なくて、
婦人会の方たちの手作り味噌500円も買ったら、


なんと!






c0145250_09210667.jpg



3束(↑)もプレゼントされてしまいました~~~。^^






c0145250_09211075.jpg



みなさんの優しい笑顔と青空と、
素晴らしい桜を後にして、


次へと向かいました。






c0145250_09211470.jpg







ーつづくー






一昨日と昨日はよく晴れていましたが、
平成最後の今日は雨。
この雨は明日も続くらしい。
平成の時代の終わりと、
令和の時代の始まりを
家で静かに迎える予定です。










この↓で、Bちゃんダッテお花見~♪^^












春本番!あなたのお気に入りの桜ショット2019


Commented by love-t_k at 2019-04-30 10:34
人との繋り、それもこの桜があればですね
支えられて今年も花咲かせた桜また来年も見たいですね

BBちゃん、素敵な庭で羨ましい(笑)
Commented by popo119-32 at 2019-04-30 13:40
こんにちは(^^♪
長~く咲いている素晴らしい桜ですね
火事の延焼にも会いながら今も生き続けて
花を咲かせているとは、たくましい桜ですね
幹に空洞があっても生きる力をもっているとは…
見習わねばいけませんね
ガンバッ♪ p(^-^*q=p*^-^)q ガンバッ♪

写真の写し方も素敵な角度で見惚れます

↓のBBちゃん源平花桃の下でのお花見…豪華ですね
源平花桃好きな花ですが
我が家には無いので楽しませて頂きましたわ
BBちゃんが羨ましいな!
ヽ(*´∇`)ノ゚ルンルンルン…

Commented by pikorin77jp at 2019-04-30 13:54
おおっ!桜茶ですね!

母が元気だったころ 母は毎年桜の花と葉を塩漬けしていました。
そして 大切なお客さまのときは いつもその塩漬けの桜茶を出して 喜んでもらっていました。 桜餅も いつでもたべれました。 そんな気遣いのできる母を 素敵な人だったと 今思い出しています。
Commented by mana at 2019-04-30 14:04 x

こんにちは♪

10年ぶりに見る桜の木なんですね~
すごい古い桜って感じですね。
え? 970年 (@_@;)
すごいですね。
半焼しても しっかり生きている
幹の具合を見ても生命力の強さを感じます。

Commented by funfunniconico at 2019-04-30 16:15
*love-t_kさん*
素晴らしい桜でしょ~~。
山形のは、こういう古典桜がまだまだたくさんあるんですよ。
というわけで、
私の桜記事、まだしばらく続きま~~~~~す。^^
Commented by funfunniconico at 2019-04-30 16:23
*popoさん*
そうですよねー。
火事で半分焼けながら・・
それからもの長い年月をこうして花を咲かせているって、
なんだか神様でも宿っているような、
そんな感じのする桜でもあり、
その健気さにも心を打たれます。

源平しだれ、今年の花も終わってしまいましたが、
あともう少し、ブログに登場です(笑)!
Commented by funfunniconico at 2019-04-30 16:26
*pikoさん*
「桜湯」ではなく、
「桜茶」が正解なのかな?
桜餅もお母さまの手作りだったのでしょうか?
素敵ですね。
桜の塩漬けで桜ご飯も作れると教えていただいたのですが・・・
まだ作ってないのです~~~。。。^^;
Commented by funfunniconico at 2019-04-30 16:31
*manaさん*
「置賜桜回廊」とも呼ばれている山形県の桜の古木を
10年ぶりに巡って来ました。
山口奨学桜の方は樹齢1000年でも、まだまだ勢いがある感じでしたが・・
火事で半焼という傷を負いながらも樹齢970年の赤坂の薬師桜は、
大きな傷を負いながらも健気に頑張っている、そんな印象の桜です。
by funfunniconico | 2019-04-30 10:14 | お出かけ(NICO*&CHIPO*) | Comments(8)