9月の雨に濡れて、 (彼岸花*)

c0145250_16294839.jpg







c0145250_16295172.jpg







c0145250_16295425.jpg







c0145250_16295751.jpg



今年、庭の彼岸花が咲き出したのは、9月9日。

雨に濡れながらでした。






c0145250_16295932.jpg







c0145250_16300256.jpg







c0145250_16300582.jpg








今日は朝から晴天で、
私と父ちゃんとチポは、朝から山へと出かけていた。

お昼ごろ、
友人から届いたLINEで、
とってもとっても可愛かった女の子。
私もよく知っている(つもりの)女の子が、
お空へと旅立ったことを知る。

しかも、それは9月11日のことだった。

大きな病気を抱えながらも14歳をこえ、頑張っていた。
家族は、それはそれは献身的にお世話をしていた。

9月11日、その日は、14回目の家族記念日だったと言う。
一生懸命にお世話してくれた家族に、「ありがとう」を伝えたくてその日を選んだのだろうと思う。

我が家のように(人間の)子供はいないご夫婦で、
ご主人が今年になり単身赴任になっていた。
でも、
9月11日、
新幹線で駆け付け、それから17日までを一緒に過ごしたと言う。

17日の夜、奥さんを残し、いよいよ赴任先へと帰らなくてはいけないご主人の気持ちは、
とても辛かっただろう。

17日から18日の夜中・・・
私は夢を見たのだ。
18日の朝になり、目を覚まし、夢の内容は忘れてしまったのだが、
その子とご主人が夢に出て来て、何か会話したことは覚えていた。
何か胸騒ぎがし、彼女のブログを確認したけれど、その時点では何も書いてなくて、
なんとなく安心したのだったが、

今になって思えば、
その子とご主人と、きっとふたりで、家に一人でいる奥さんを心配し、
私に「気にかけてやってほしい」と、
伝えに来たのではないかと思う。

なのにね、

今日の昼過ぎまで、ポワ~~~ンと遊んでいたよ。






c0145250_20452125.jpg



どんな物語にも、必ず終わりは来る。

どんなに幸せな物語だって、
必ずいつかは終わるのだ。

お二人が、とてもとても愛情を注ぎ、最後のその時まで、大切に大切に守り抜いたことを私は知っている。
本当に素敵な家族だったのだ。

メイちゃんも、
ジュンちゃんも、
まーちゃんも、
本当によく頑張った。
立派だった。

後悔するようなことは何もないと思う。


今は、まだまだ寂しくて辛いと思う。
でも、頑張れ!

きっとお空から、いつだって応援しているし、
うつむく顏よりも、笑顔を見たいって思うんじゃないかなー。

寂しさは、
時の流れに任せるしかないようにも思う。

そんな事を考えながら、
私は、チポの存在に逃げたのかもしれないな~とも思うのだ。






c0145250_20452600.jpg



今ごろは、
ニコや、キャバやファンキ~と、きっと一緒にいるね。


ありがとう、メイちゃん。
あなたは立派でした。






そういうわけで、
昨日の記事にコメントをくださった方への返信が遅れていますが、明日には。


犬の一生は、
人間の一生よりもずっとずっと短い。
駆け抜けて行くのだ。

チポやB.Bと私たちの日々も、永遠ではないからこそ、大切に大切にしたいと思う。
なので、明日からはまたいつも通りにブログupしていくつもりです。
















by funfunniconico | 2018-09-19 21:11 | garden(NICO*&CHIPO*)