B.B&Chipo*の庭だよりと、「ありがとう」

c0145250_10015384.jpg



4月19日の青空。


気温も上がり、






c0145250_10015683.jpg



B.Bも、

今年はじめて庭に出た。






c0145250_10015947.jpg



久しぶりの外の空気に、






c0145250_10020244.jpg



ちょっと戸惑う感じのB.Bがいたけれど・・・


毎年こんな感じで、






c0145250_10020572.jpg



すぐに慣れるのである。^^






c0145250_10021040.jpg



チポはといえば、


またいつもの

リュウノヒゲボ~ボ~の中で、






c0145250_10021368.jpg



自分の時間を楽しんでいた(笑)。






c0145250_10021630.jpg







c0145250_10021842.jpg



翌20日にも、

庭で朝のひと時を過ごすB.B。


クチバシに付いているのは、






c0145250_10022208.jpg



庭のハコベです。






c0145250_10022503.jpg



これは21日。






c0145250_10022858.jpg



もちろんチポも一緒。^^


22日(昨日)もみんなで庭に出たけれど、
朝から気温はグングン上がり、

そんなに長くはいずに家の中へ。


昨日は4月の観測史上初の暑さとなり、最高気温は29.9℃。
そこに羽生選手の凱旋パレードの熱気も加わり、
仙台は、まさしく熱い一日だったのだ。






c0145250_10025507.jpg







c0145250_10025708.jpg



この青空も昨日までで、

今日はどんよりと、
今にも泣き出しそうな空の色。



そして・・


今日で3年になるのである。


とってもとっても大好きで
とってもとってもかわいかったニコが空に行ってから。


この3年・・・

いつも心の中にいて、
共に過ごして来たようにも思えるし、

時は流れたのだ
とも思う。



その流れた時の日々の中で、

チポは確実にオトナになり、
イイコに育ったと思っているし、
自分にとって確実に愛しい存在になっている。


そんな自分の心の中を見つめる時、

ちょっと切なくもなるのだ。


小田さんの「言葉にならない」の歌詞が思い浮かんだりして・・






c0145250_10030039.jpg



ひとりでは生きてゆけなくて
また誰かを愛している
こころ哀しくて言葉にできない


という部分。


でも、
思うのである。

そんな自分の心の中にある切なさや想いみたいなものは、
自分の中にある愛しい記憶なのだ。
これからも、
何度でも
何度でも
抱きしめればいいと。



自分の命もいつかは尽きるけれど、

それよりもずっと早いスピードで駆け抜けていく愛しい命たち・・

自分が引き寄せた命である
B.Bやチポの日々を

輝かせてあげることが自分の幸せにつながっているのだと。



ニコとも本当にいろんな所に出かけ、
同じ空を見上げ
同じ風を感じた。

10歳ちょっとで行ってしまったニコは、
決して長生きではなかったけれど・・・

でも、
そんな思いは
AKBの「365日の紙飛行機」の歌詞がなぐさめてもくれるのだ。



風の中を力の限りただ進むだけ
その距離を競うより
どう飛んだか
どこを飛んだか
それが一番大切なんだ
さあ
心のままに
365日






c0145250_10030263.jpg




ニコには、
「愛をありがとう」と、

やはりそれを伝えたい。







さてさて~、
今日も(まだまだある・笑)桜*の記事も。










トラックバックURL : https://funfunnico.exblog.jp/tb/29450805
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by funfunniconico | 2018-04-23 10:41 | garden(NICO*&CHIPO*) | Trackback