雨が上がれば・・

c0145250_14402183.jpg


c0145250_14404240.jpg

朝から降っていた雨が昼前には上がり・・

昼過ぎには太陽も少しだけ顔を出しました。
(午後からは、また雨になってしまったけど。。)

雨上がりの庭には、

c0145250_14425392.jpg

昨日までは蕾だったシビリカブルーが、凛として咲いていました。
この青さが大好きです!

それから同じ様に青い花で、

c0145250_14481751.jpg

チオノドクサも咲いていました。

シビリカブルーとチオノドクサ、似てるけどちょっと違うんですよ~。 ^^

c0145250_14543438.jpg

クリスマスローズも、どんどん咲き出しています。

今日で3月も終わりです。
とても重たい気分の3月ではあったけれど、
明日からは私の大好きな4月。
私は、やっぱり私らしく元気に行きたいと思う。 


c0145250_1454989.jpg

昨日は、父ちゃんのスクーターが届きました。
保険等の手続きも終えましたが・・
今まで乗った事がないスクーターに乗っての通勤、大丈夫なのかな~???

電車の方は、4月中ごろには最寄の駅からも乗れる様になるらしいんだけど。。


c0145250_1511725.jpg

これは昨日のニコ(笑)。

ご近所の方にいただいた私のパンを見つめてますが・・

c0145250_1525375.jpg

見つめれば見つめるほど、切なくなる様です(笑)。

切ないほどに好きってこういう事?

ニコには、ホットミルクとパンの端っこを少しあげましたよ。 ^^

c0145250_15115036.jpg


昨日、愛犬と避難所にいた方の話を聞きました。
小型犬は普通に避難所の中にいたそうです。
クレートの中にいた子もいるし、そのまま家族と一緒にいた子もいるそうです。
大型犬は、避難所の後ろにつながれていたとの事。

ただ・・
昨日お会いした方のワンちゃんは元気な犬種の上にまだ若く、吠えてしまい、ちょっと苦情が出たとの事でした。
by funfunniconico | 2011-03-31 15:45 | garden&home(NICO*) | Trackback | Comments(8)

つれづれと・・

c0145250_97789.jpg

昨日は父ちゃんの仕事が休みとなり、
ファンキ~の誕生日に1日遅れではあるけれど、お墓参りに行く事ができました。

母も行きたがっていたので、実家に寄り、母も一緒に行きました。

花屋さんがやっているか、ちょっと心配ではあったけれど・・
実家の近くの花屋さんがやっていて、格安で売ってくれました。

c0145250_9234681.jpg

お水を取り替え、花をあげ、手を合わせ、心が落ち着くのを感じました。

お墓の近くにはフキノトウが顔を出していて、ちょっと摘んで帰り、夜のお味噌汁に放しました。
口の中に春の香りが広がり、美味しかった。

お墓参りの後に寄ったスーパーで食材を買い込み、ニコのごはん用のお肉も買いました。
ガス復旧がまだのため、時間をかけて煮込む事ができないので、炊飯用の電気釜で煮込んでみました。

今日には家からすぐ近くのスーパー(屋上に避難していたCOOP)もほぼ再開となり、
今までの様に何分も並んで買わなくても大丈夫になりました。
まだ以前の品揃えではありませんが、お肉もお魚も買えます。

c0145250_9333594.jpg

昨日、実家でまたお風呂に入り帰って来たわけですが・・
上の写真のC-DERMが私の髪にもすごく良い事を発見(笑)!
これはニコ用に買ってたもので、先日、実家でニコを約一月ぶりにシャンプーした時にも持って行きました。
ニコはシャンプーもC-DERMを使っていますが、仕上げにコレをスプレーしているんです。

で、先日ニコをシャンプーした後で私もお風呂に入り、シャンプーもしたのですが、
私の髪につけるものを忘れてて、ためしにC-DERMをスプレーしてドライヤーで乾かしたら、
仕上がり感がすごく良かったのですよ~(笑)!!

もともとワンコが食べるものも使うものも、
人間が口にできないものや使えないものは選ばない主義の私なので、
(ドッグフードなども時に食べてみます・笑)
ニコのスプレーを使う事に抵抗はなかったけれど、こんなに仕上がり感が良いとは想像していませんでした。

地震前は毎朝髪を洗う事が日課だった私だけれど、電気もガスも止まり(今は電気は復旧)・・
当初は8日目でようやく髪を洗えたわけで、今も数日に1回しか洗えない状態です。
髪のサラサラ感を長く維持するために今まで使っていたヘアオイルは使いたくなくて、
そんな時、ニコのC-DERMがとても良い感じです(笑)。
昨日などは、わざと自分のためにコレを持って行き、シャンプー後にスプレーしました。

c0145250_954157.jpg

それから、父ちゃんは中古のスクーター(原付バイク)を買う事になりました。
今まで最寄の駅から電車に乗り12分ほどで仙台中心部へと行く事ができ、
そうして通勤していたわけですが・・
震災で線路も大きな損傷を受け、全面復旧までにはまだまだ時間がかかりそうなのです。
震災後は会社の車などで通勤していましたが、いつまでも続けるわけにもいかず、
今後を考えてスクーターで通う事に決めたらしい。
いささか心配ではあるけれど、仕方ないね。

昨日の夕刊で、宮城県の津波による浸水被害の状況が出ていました。(コチラ
これを見て、あらためて被害の大きさに驚き、それと同時にこの辺りはギリギリで浸水から免れた・・
という事を再認識しました。

c0145250_1021482.jpg

テレビのニュースなどで、日本国内はもちろん色んな国々の色んな方々が支援の手を差し伸べてくれている事を見ては、
本当にありがたいと思う。
やはり人は本来優しいのだと思う。

だけど、
いまだに、
「原発を視察した官総理がどうした・・」などと揚げ足を取る事ばかりに専念している様な日本の政治家たちには、幻滅を感じるっ!!
by funfunniconico | 2011-03-30 11:56 | 日常あれやこれや・・ | Trackback | Comments(10)

歯車は少しずつ・・ 

c0145250_15551715.jpg

今朝も震度5弱の余震があった仙台。
ちょうど洗い物をしていたのですが、
ピューッと洗面所に逃げて行ったニコを追いかけて抱き上げ、洗面所でしばらくドキドキしてました。

母や姉と電話で話し、「やれやれ、まったくね~」と苦笑い。。

その後はニコと散歩し、
9時にはテレビの前に座って高校野球の応援。
7対0で初戦敗退だったけど、「いいんだよ、仕方ないよ」って思う。
だって震災後は、ちゃんと食事も取れない中、地域のボランティアをしていた子たちだもん。
練習だってできず、参加だって危ぶまれていたのだもの。
勝たせてあげたかったけど、負けても大きな拍手を送りたい。

野球観戦の後は、家から8分くらいのスーパーまで買出し。
10分くらい並んだかな。
でも、今日はお刺身が買えたの!
地震の後、はじめてお刺身が買えた♪
生カツオと生まぐろの中落ち。

約30分後くらいに家に戻ってみると、
ニコが窓辺で日光浴をしながら待っててくれる姿が見え嬉しかった。

c0145250_16125544.jpg

そういえばスーパーで買い物をした後、馴染みのお酒屋さんにも寄ってみた。
焼酎1本を買いながら聞いてみたら、もう瓶ビールも買えるというので、
一度家に戻ってから空き瓶を車に積んで、瓶ビールも久々に買いに行く(笑)。

このお酒屋さんは地震でお店の中がグチャグチャになっても、
地域の方の少しでも役に立ちたいと店頭販売を続けてくれたお店の一つです。

そして、
今の車は白いのでアピールできなくなった感もあるけれど(笑)、
前の車は、ちょっと派手目のブルーだった事もあり、
うちの車が駐車場に入るのを見つけただけですぐに、いつもの銘柄のビール1ケースを持って走って来てくれる・・
それ位の馴染みです(笑)。

お酒屋さんの店長と地震の時の話をし、
「そんなわけで4~5日くらいは飲めなかった。こんなにアルコールを抜いたのは結婚以来はじめて」と言う私に、
「いや毎日飲んでたよ、飲まなきゃ眠れなかったよ」と店長。
お互いに笑い合いながら、お互いに無事だったからこそこうして笑えるんだな~と思う。

c0145250_16392228.jpg

これは今日、庭で日光浴中のニコ。
雑草取りをする間、ニコも一緒に庭にいた。

c0145250_16423086.jpg

それと今日は、amazonでやっと注文を受け付けてくれた!
地震で電子レンジが壊れてしまい・・
新しいのが欲しいけど、なかなか電気屋さんまで行けそうにもなく、
何度かamazonにオーダーしてみては、
「その住所への発送はただ今受け付けできません」という事で断られていた。
3~4日くらいで届くそうだから、届けばお魚も焼けるし便利になる。
けど、あまり商品チェックをせずに頼んだからどうなのか、、、いささか不安(笑)。。

c0145250_1650203.jpg

これは今日、庭で見つけたムスカリ。
気の早い子が、ひとつだけ頭を出していました。

寒い冬を越え、
草花が少しずつ芽を出し、花を咲かせようとしている。
そんな草花が、きっとたくさんの元気をくれると思う。

今日はファンキ~の14回目の誕生日。
やはり今回は、お墓参りには行けなかったけど、きっとわかってくれると思う。

それからこれは、ニコがお世話になっている病院の先生の掲示板に書いてあったのですが・・
津波の後、自衛隊が駆けつけた時に生存者は見つけられなかったものの、
泳いでいる犬たちは何頭かいて、その子たちは保護され、動物管理センター等で預かっているとの事。
ニコの病院でもだけれど、市内の動物病院でも何頭かずつ保護しているとの事。
ボランティア団体も入り保護活動をしているので、お腹をすかせウロウロしている様な子は見当たらないとの事です。
by funfunniconico | 2011-03-28 17:51 | 日常あれやこれや・・ | Trackback | Comments(10)

c0145250_11435144.jpg

あの日より今日で16日目。

上の写真は昨日の午後、窓辺で日光浴をしているニコ。
窓辺での日光浴は11日以降はじめての事。
今日午前中の散歩の後もニコは窓辺にいたので、45分ほど留守番をさせてみる。
私が行った先は、歩いて3分ほどのスーパー。
何かの時はすぐに走って戻れる距離。

スーパーは、前ほどは並ばなくなり(それでも30分くらいは並んだかな)、
品数も前回よりは増え、価格も多少まだ高いものの以前の価格に戻って来ている様に思う。

買い物を終え家に戻ってみると、ニコは窓辺にはいなかったけれど、
以前の様に洗面所で小さくなって怯えていた・・という感じでもない様。
ただただものすごい歓迎様で迎えてくれた。

c0145250_1154040.jpg

昨日の午後、
私はなんだかとても眠くなり、いつの間にかテレビ(ブルーレイに録画したもの)を見ながら寝ていた。

緊急地震速報で飛び起きる!
私の足にすがって寝ていたニコを抱きしめ、テレビの画面を見る!
「宮城、福島に強い揺れ・・・」と出ている!

「また来るの~~~」とニコを抱いたまま、しばらく固まっていたけど揺れて来ない。

周りをキョロキョロしながら、やっと気がつく。
「あ~、私は録画を見てたんだった~。」って。

地震そのものもだけれど、あの緊急音もとても怖くなってしまった。

c0145250_1241052.jpg

我が家はまだ、リビングに布団を敷き洋服を着たまま寝ている。
ラジオもつけっぱなし。
おそらく今月いっぱいはこんな感じ。

リビングに布団を敷くと喜ぶニコ。
一緒に寝れる事が、ニコにとっては安心であり嬉しいらしい。

c0145250_1255419.jpg

一番先に布団に入るニコ。
朝は一番最後に布団から出て来る。

c0145250_1293128.jpg

今朝、久しぶりに花を摘む。
3月11日まで、キャバとファンキ~に花と水を切らした事はなかったのに・・
今日までの間、余震なども怖くて花を飾る余裕がなかった。 (水は家に戻ってからはあげていたけど)

お彼岸やお盆や誕生日や出逢った日など、
忘れずにお墓にも会いに行っていたのに・・
今年のお彼岸には行けなかった。
明日はファンキ~の誕生日だけれど、行けない気がする。
「もうちょっと落ち着いたなら、すぐに行くからね」って思いながら、庭のクリスマスローズを摘みました。

c0145250_12181517.jpg

今朝の新聞に書いてあった被災者の胸の内の一つ・・

「人命優先で犬を連れ出せなかった。犬はなんで自分だけ置いて行くの?と思っただろう。
それを思うと罪の意識に押しつぶされそうだ」

あの非常時に、連れて逃げたくても連れて逃げられなかった人たちがどれだけいただろう。
そしてその事で苦しんでいる人たちも、すごく多いと思う。
あれだけの人が亡くなったのだ。
犬や猫たちを含め、いろんな生き物も亡くなったのだと思う。 
逃げられなかったペットを思えば切ない。
でも、連れて逃げられなかった人たちの心も、すごく切ないと思う。


被災地には色んな困難がまだまだ溢れてて・・
就職問題もあり、 (会社自体がなくなってしまった方も多い)
福島の原発問題もかなり深刻で、

私たちなどは、ガスが復旧し、物流も正常になれば元の生活に戻れるであろうけど、
そうではない人たちがあまりに多く、それを思うと心は晴れません。

c0145250_12573215.jpg


そういえば、
昨日まで書いた記事の中に忘れていた事があり、それも書いておこうと思う。

灯油のストーブは貸していただいたもので、
灯油もいただいたものでした。
ガソリンの他に灯油なども買えない状況だったので、私たちも節約して使っていましたが・・
「寒くない?」 「なくなったらあげるよ!」 って、
ストーブを貸してくださった方が何度も言いに来てくれました。
ご近所さんにも「分けてあげるよ」って言ってもらえました。
結局は、父ちゃんの会社の方お二人から分けていただき、とても助かりました。

地震直後の、今よりずっと大変だった時期に、
いつもの方がニコに穴子の骨ッチとマカロンを持って来てくれました。
後で気がついたら、バレンタインデーにニコがプレゼントしたチョコのお返し。 
そう、この日はホワイトデー。
父ちゃんは私へのホワイトデーなど、とっくに忘れている様だけど(笑)、
ニコには、ちゃんとお返しが届いたわけです。 ^^


c0145250_12543449.jpg

これは、お友達がニコのために焼いてくれたクッキー。

c0145250_1355199.jpg

お魚の形や、うさぎさんの形、骨の形もあり、

c0145250_1363374.jpg

とても美味しいです。
ハイ、私も食べました(笑)。 Mさん、他にも色々ありがとうございました。
by funfunniconico | 2011-03-27 14:42 | 日常あれやこれや・・ | Trackback | Comments(16)

一昨日の記事で3日目までの事を書いたので、
今日は4日目の3月15日以降から19日までの事を書きたいと思う。
これは自分自身への覚書の様なものなので、興味のない方はスルーしてくださいね。


【3月15日】
早朝というか、まだ夜も明けないAM3:30・・
携帯電話に電話やメールがまとまって届く。
携帯電話は停電のため充電もままならない上に、圏外扱いとなっていた。
その前日には、ちょっとした津波騒動があり、
それを心配してくれた遠方の方からの電話や姪っ子からのメールも何度も入っていた。
まだ(かなり)早い時間ではあったけど、とりあえず母に返信メールを送ってみた。
3月11日以降、はじめての連絡だったと思う。
母から「安心した」との返事が帰ってきた。

この日、父ちゃんはやっと一日だけ休みをもらえ・・早朝からガソリンスタンドを何軒か回るも空振り。

そういえばこの夜、父ちゃんと私はロウソクの明かりの下、5日ぶりにビールを飲んだのでした。


【3月16日】
とても寒い一日。
午前中には水で靴下などを洗う。
手が真っ赤になり辛かったけれど、もっともっと辛い状況の人たちがたくさんいると思うと頑張れた。
この日以外にも何度か洗濯しては、その事を考えた。

父ちゃんが照明を借りて来てくれ(一昨日の記事の写真)、部屋はかなり明るくなる。


【3月17日】
3月だというのに吹雪の様な雪の降る本当に寒い一日。
お湯を沸かし、体を拭く。
ニコの体も拭いてやる。

この日は私の携帯電話を父ちゃんに預け、職場で充電してもらった。
夜、久しぶりに母と話ができ安心する。


【3月18日】
太陽が出てホッとした日。
ニコのお散歩仲間のマメちゃんとママさんが訪ねて来てくれ、嬉しかった。
地震より1週間、自分の中になんとなく落ち着いて来たものを感じる。


【3月19日】
暖かい日となる。
父ちゃんの仕事も休みとなる。
その父ちゃんに、キャンプ用バーナーでたくさんのお湯を沸かしてもらい、8日ぶりに2人で髪を洗う。
すごく気持ち良かった。
それを知った近所の女の子も、私の真似をして髪を洗ったらしい(笑)。

c0145250_11164557.jpg
父ちゃんと一緒にニコも庭に出て、

c0145250_11172490.jpg
ウロウロし、

c0145250_11174488.jpg
日光浴などしながら、

c0145250_11182043.jpg
寝てみるも・・

c0145250_11184521.jpg
落ち着かない様。。

c0145250_11195617.jpg


c0145250_11192669.jpg
立ち上がり・・

c0145250_11203056.jpg
今度はファンキ~似の置物のそばで、

c0145250_11211212.jpg
寝てみては、

c0145250_11215062.jpg
また微妙に場所を変えてみるニコでした~。


c0145250_11223186.jpg
これは、温めたミルクを見つめているニコ。
食べる事に関しては、いつでも前向きっ(笑)♪ ^^


そして、この日の夜もさっさと寝た私たち。
その私たちが寝ている和室の窓をコンコンと叩き、お隣さんが電気が復旧した事を教えてくれる。
私も喜んで、また隣の家に走って行き、玄関から「電気がついたよ~」と真っ暗な家の中に声をかける。
そのお隣さんもまた寝ていた様だったけど、奥の部屋から喜んで廊下を走って来ました。
8日ぶりの電力復旧でした。
こんなに電力がありがたいと思ったこともありませんでした。

それから・・
多くの人の優しさもたくさん感じた日々でした。


この後の事は、3月20日からのブログに書きました。


c0145250_1142762.jpg

地震直後から電話やメールで心配し励ましてくださった皆さん、ありがとう。
ブログにも心配や励ましのコメントを入れてくださった皆さん、ありがとう。
これからもずっと東北を応援してください。
by funfunniconico | 2011-03-26 12:54 | 日常あれやこれや・・ | Trackback | Comments(10)

昨日であの恐ろしい震災の日より2週間。
なんだかすごく早かった様な気もする。

そうそう、書くのを忘れていたけれど・・
地震の翌日には、父ちゃんのお兄さん夫婦が家に来てくれたんだったな。

それから、
一昨日の記事に書いた留守電にメッセージを入れてくださっていた方は、
あの日のうちにもう一度電話をくれたのでした。
「遠く離れているこっちは平和過ぎて申し訳ないくらい」って言っていたけれど、
平和な毎日を大切にして、元気でいる事が何よりだよ!・・って思う。
遠く離れていても心配してくれる、その優しさが何よりも嬉しかった。

そして、その一昨日の夕方には、ちょっと強い余震があり、ニコはまた心臓をバクバクさせていた。
今は毎日一緒に寝ていて、一緒に寝てる時には安心なのか余震が来ても起きないニコ。
もうずっと一緒に寝る様になるのかも。
ニコの様なワンコもそうだけど、
小さな子供たちも精神的なショックを受けている子が多いらしい。
そうだろうな~と思う。
私の様な大人だって、余震にいちいち怯えているもの。
それでも地震から4日目くらいだったかには、
地震直後より毎日どこに行く時でも・・トイレに行く時すら離せなかったポシェットを置いて歩ける様になっていた。
そのポシェットには、携帯ラジオ、財布、通帳、携帯、ニコのリードなどが入っているのだけど。
今は寝るときに、そのポシェットを枕元に置いている。
地震直後の数日間は外を歩く時にも携帯ラジオを聴きながらだったのも、今はしていない。
もうちょっとしたら、ちゃんとパジャマに着替え、自分のベッドで寝れるのかもしれない。

それから昨日は、やっとガソリンを20ℓ入れる事ができたのです!
父ちゃんが前の晩からスタンドに並んでくれ、車で一晩過ごしてくれた結果です。
昨日は、その父ちゃんの仕事も休みとなり、やっとお互いの実家にも行けたわけです。
私の実家では、ニコをシャンプーし、私たちもお風呂に入り、スッキリスッキリしました。
お互いの両親とは、地震後はじめて会えました。
私の父に、「立っていられなかったよね?」と聞いたら、
父は強いふりをして、「いや、ちゃんと立ってたよ」って真顔で答える。
「うそ~」って思ったけど(笑)。

そういえば地震の後、私はずっとスッピンです。
はじめの頃は、顔を洗うこともままならず、化粧なんてしてる余裕もなく・・・だったけれど、
今ではなんだか急にまた化粧するのも変に思えたりして(笑)。
この2週間で髪の毛は、バリバリに痛みました。
洗わないと髪は痛むのだね。 (この2週間の間にシャンプーしたのは、昨日で3回目)

お互いの実家からの帰り道・・
我が家から10分足らずの道路を車で通過する。
いつも頻繁に通っていた道路、
もしかしたら、あの日だって通っていてもおかしくなかった道路、
その景色に、
いたる所に津波で流された車がボコボコになって放置されている・・その光景に、
そこに居合わせたであろう人たちの事を思い、涙が流れた。
もしかしたら私だって、あの中にいたのかもしれないと思う。
こんな所まで津波が来るなんて!
1000年に一度の津波とかって言われているけれど、
あの津波から私たちの町内会は、ほんのちょっとの差で救われたのだと思う。

悪夢の様なあの地震を止められる人なんていなかった。
あの日、あんな風になる事をちゃんと予測できていた人なんていなかったと思う。
そんな風に考えると、生と死なんて背中合わせの様な気もする。
だからこそ、生きている日々を大切にしないといけないんだな~って思う。

亡くなられた方のご冥福を心よりお祈りいたします。
そして多くの悲しみを抱えている方たちの痛みが、少しずつでも和らいでいく事を願って止みません。


昨日いただいたコメントへのお返事をまだ書けていないので、今日のコメント欄は閉じさせていただきます。
お返事は、明日には書きたいと思っています。

c0145250_2020721.jpg

by funfunniconico | 2011-03-25 20:24 | 日常あれやこれや・・ | Trackback

3月11日のことは昨日のブログに書きましたが、

今日はその後のことを書こうと思う。

【3月12日】
車の中で元気くんと元気くんのママ、父ちゃんとニコとで朝を迎える。
元気くんの家のお父さんが、「病院で炊き出しをもらえるから行こう」と誘いに来てくれるが、
父ちゃんは仕事に行かなくてはいけなかったし・・
私はニコと車にいた方が楽に思え、(ニコを抱きながら炊き出しの列に並んだりは困難にも思えた)
私とニコだけ車に残る事にする。
水もパンも前日、COOPさんに分けていただいたのが残っていたし。

家には戻ってみたものの、ニコは怖がって家に入りたがらない。
駐車場に停めた車にニコを入れ、私は少し部屋を片付けるも、余震が怖く落ち着けない。
気温も上がり、ニコが車にいるのも暑い感じになって来たので、車でCOOP屋上へと戻る。
この時、ニコのサプリメントやニコのごはん等を持ち出す。

ほとんどの時間を車の中でニコと過ごす。
空を見上げて思った事は、
今まで当たり前の様に過ごして来た毎日が、なんて幸せで満ち足りていたのだろう・・という事。
空を見るのが好きだったのに、
この日の空に浮かんだ雲は、鬼や悪魔の形に見えて怖かった。

車の中で父ちゃんが戻るのを待ち、この日も3人(?)で車の中に寝る。
街中が停電となったため、星がとても美しかった。
そうそう、この日は父ちゃんの40代最後の誕生日。


【3月13日】
父ちゃんは早くに仕事に行き、
私はまた家へと戻り、ニコは車で待たせながら家の中を半分以上は片付ける。
命があり、家族も無事で、帰れる家があるという事をしみじみありがたいと思う。
COOPの屋上には家を流された家族や、家族の消息が分からない方などもいて、
とても辛いであろうのに、それぞれがそれぞれをいたわり合っていた様に思う。
夜になるまで父ちゃんを車の中で待っている私とニコを心配してくださった中にも、そんな方がいた。
「もっと高いビルに一緒に移動しよう」と声をかけてくれた方もいた。
近所の方も、私とニコの様子を見に来てくれた。
「危ないから家においで」と何度も誘ってくれた方もいた。
知らないのにジュースを1本分けてくれた方もいた。

夜になり戻って来た父ちゃんが、「屋上にいるから余計に揺れるんだよ」というので、
この夜はCOOPの下へと移動し、やはり車の中で寝る。


【3月14日】
父ちゃんは仕事に行った後、朝一番でガソリンスタンドに2時間ほど並んでみるもガソリンは買えなかった。
ただしガソリンを待っている間、道路の向こう側の製麺販売店がみんなにうどんを1箱ずつ分けてくれる。
私もありがたく分けていただき、近所の方に配った。

地震によって動いてしまった家具のうち大きなものは、父ちゃんに直してもらおうと思っていたが、
父ちゃんもなかなか休みをもらえそうにない常態だったので、
「よくぞこんなのまで!」という様な重たい家具も全て自分で直した(笑)。
持ち上げて・・・ではなく、力で押してやったという感じ。
電気がまだのため掃除機をかけられず、ガラス類の破片などをニコが踏む事が心配だったので、
床などは全て水拭きした。

ガスも電気も止まったままのため、近所の方が灯油のストーブを貸してくれ、この日から家で寝る事に。
11日から入れっぱなしだったコンタクトを外し、
やっと顔を石鹸で洗う事ができた。 (歯は、12日からは磨けていたと思う)

c0145250_11585036.jpg

14日の夜。
私は用意の悪い人間で、懐中電灯に入れる乾電池がなく、この夜はロウソクで。
翌日は休みをもらえた父ちゃんと、4日ぶりにビールを少しだけ飲む(笑)。
結婚してからこの時まで、父ちゃんも私もこんなにアルコールを抜いたのははじめて(笑)!
まあ、こんなに髪を洗えなかったり、お風呂に入れなかった日々もはじめてで、
冷たい水で靴下などを洗濯したのもはじめてです。

初日は、ロウソクだけの明かりが・・

c0145250_12151534.jpg
翌々日には父ちゃんの会社から借りた照明で明るくなり、
ビールはまた毎日飲める様になり(笑)、
(真ん中の写真はテッシュボックスをテーブルにして夕食中のニコ。右は豚足を齧っているニコ。)

c0145250_12155133.jpg
数日後には、ご厚意でいただいた頭に付ける懐中電灯で便利にもなりました。
(上は父ちゃんの頭に着けたところ。下は私が頭に着けてキッチンで洗いものをしてるところ)


c0145250_12252856.jpg

そんな日々、庭ではクリスマスローズが次々と開花し出しました。


【今日の午前中のこと】
ニコは片時も私たちのそばを離れない。
今日までもまだ、リビングに布団を敷き洋服を着たままで寝ているけれど・・
ニコはそんな私たちの真ん中に、顔だけを布団から出して寝ている。
私たちも熟睡できる様になったけど、ニコもよく寝る。
よく寝ながら夕べは私の枕を占領し、私は布団の端っこに小さくなって寝た。

家の中にニコだけを置いて出かけるのは可愛そうな常態なので、
今日の午前中はニコを車の中に入れ、近所のスーパーに行ってみる。
40分ほど並んだ後、豆腐や納豆、レタスなどが買えた。

父ちゃんの会社から給与の振込みはあったものの、近所のATMが地震による故障で引き出せない事を知る。

それと・・
私たちの町内会は無事だったものの、すぐ近くには蒲生や白鳥・岡田など津波の被害のあった地区があり、
近所の公民館に避難している方たちがたくさんいる。
そこに町内会から毎日何人かずつのグループを作り交代で炊き出しに行っているらしい。
私にはニコがいるから無理だろうと気遣ってくれた様で、はじめから声がかからなかった。
その気遣いをありがたいと思うと同時に、申し訳なくも思う。
平和な時は誰にも迷惑をかけずに犬と暮らしているつもりでいても、
こんな時には、こんな風に、周りの方の優しさによって守られるのだという事を感じる。

それから、
スーパーから戻ってみると、留守電にメッセージが入っていた。
どうやら私たちを心配して電話をくださった様で、優しい気持ちが伝わってくるお声ではあったけれど・・
果たしてどなただったのか?
大事なはじめの部分が何度聞いてもよく聞こえない。
ブログを見て下さってるとの事だったので、ここに私からのメッセージを書きます。

今日、我が家にお電話くださった方、ありがとうございます。
非公開コメントに「私です!」と入れていただければ、こちらから電話します。
よろしくお願いします。
by funfunniconico | 2011-03-24 13:44 | 日常あれやこれや・・ | Trackback | Comments(16)

3月11日のこと

3月11日・・
午前中、私はデパートへと出かけていた。
翌日が父ちゃんの誕生日だったので、「今日は前祝をしよう」とデパ地下で食材を買い込み、
昼過ぎには家に帰る。 
この日は小雪が舞う日で、その雪が止むのを待ってニコと午後の散歩。
散歩を終え、家に入って間もなくのこと・・
ミーシミーシという変な音が聞こえた様な気がした直後に、ものすごく激しい揺れ!
立つ事もできず、リビングの真ん中にしゃがみ込んでいた。
すぐ近くのベンチの上にいるニコを見つめているのがやっとだった様に思う。
新聞によると、およそ100秒くらいとあった様に思うが、それはとてつもなく長い揺れに感じた。
しかも一度治まったと思った瞬間に、また激しい揺れ!
「あ~、とうとう宮城県沖地震が来たんだな」と思った。

揺れが治まってから外を覗くと、ご近所の方が外に出ていたので、
私もニコを抱き外に出る。
「怖かったね~」「昔の宮城県沖より強いよね~」などと話しているうちに、
「津波が来るから避難する様に!」と避難勧告を受ける。 (後に勧告は指示になった)
急いで家に戻り、ニコに洋服を2枚着せリードを着け、ポシェットに携帯と財布と通帳を詰め込み、
自分もダウンを着て外に出る。
ご近所の方たちと声を掛け合いながら、すぐ近所にあるCOOPの屋上へと避難。

何度もやって来る激しい余震、
降り出した雪は吹雪きになり避難した私たちに吹きつけ、「なんて無情なのだろう」と思った。
ニコはと言えば、心臓をバクバクさせガタガタと震えてる。
私のダウンの前を開け、その中に入れて雪に濡れない様にしてあげた。
私も緊張からか胃が痛くなったりして。。

そんな中、COOPで働いている方々は自分たちも怖いであろうはずなのに、
避難した私たちに声をかけ、
寒くない様にと売り物の真新しい毛布や懐炉、傘、軍手、靴下・・
それから飴やチョコレート、パン、飲み物など、次々と提供してくれる。

COOPで働いている方たちと町内会の男性たちが力を合わせ、屋根だけの簡易テントを張り、
その周りをビニールシートで囲んでくれる。
それで雪に濡れる心配はなくなった。
それでも寒かったのだろうけど、次々に来る余震の恐怖で寒さも感じなかった。

そんな中、けっこう早い時点で両親や姉家族、父ちゃんとは連絡が取れ、無事を知り安心する。

何個かの簡易テントに分かれ、みっちりと肩を寄せ合って座っていた私たち。
中には思う様に動けない老人や、小さな子供もいて、
本当なら私の手をも何かに貸すべきなのだろうと思っても、
震えるニコを守れるのも私だけで、結局はみんなと一緒にテントの中にニコと座っていた。
そのニコは、ちょうど3歳くらいの男の子とピッタリ向かい合う様な形となり、
その子のお母さんに、「すみません、イヤではありませんか?」と聞いてみたら、
優しく「大丈夫です」と言ってもらえて安心した。
男の子も、とても優しく可愛らしい子で、パンなどを皆で分け合って食べる時にはニコの分も心配してくれた。

日が暮れる頃には、老人や子供たちとその家族は近所の病院へと移動。
その後で私たちもと声がかかるが、ニコが病院に入るのは無理だろうと思い、
近所の19歳のワンちゃんたちとCOOP屋上に残ることにする。

車を出せないかと、ニコを抱き、いちど家へと戻ってみる。
逆流した水がマンホールの蓋から噴出し、家の前の道路まで来ていたため
お隣の庭から回りこんでフェンスを越え、駐車場へと行ってみるも車を出すのは厳しい状況。
近くにいた消防署の方が「出してあげてもいいけど、出せるかどうか賭けになる」と言うので諦め、
またニコを抱きCOOPの屋上へと戻る。

ストーブをつけてもらい、カップ麺も作ってもらい、残っていた皆で食べるも・・
ぬるい上に固くて、「美味しくないね~」と苦笑。
スープもトイレの問題が心配で飲めなかったし、だいいち食欲がなかった。

そんな風に避難している間にも、
燃え盛る火が見えたり、仙台港へ10メートルの津波が来てるというラジオからのニュースを聞いたり、
すぐ近くの川に家が流されて来てると聞いたり、そして激しい余震・・・
それでもみんなで一緒にいる事で我慢していられたのだと思う。
町内会の男性の方々も心強く、ニコも私も守ってもらえていたのだと思う。

夜9:30頃だったか、10:00頃だったか、
見回りに出ていた町内会の男性から、私の家の前の水が引いた事を知らされる。
今度はニコを一緒にいた19歳のワンコ(元気くん)のママさんに頼み、一人で車を取りに行く。

車をCOOPの屋上に持って来てからは、元気くんと元気くんママ、ニコと私は車で寝る事に、
他に一緒に残ってくれていた町内会の方たちは病院で寝る事にして分かれる。
COOPの屋上には私の車の他にも、同じ様に車で避難している家族がたくさんいたので心強かった。

父ちゃんが私の車の窓を叩いたのは、PM11:30頃だったと思う。
停電になった上に、ものすごい渋滞で時間がかかったらしい。
仙台中心部から歩いて帰って来た人も多かった。
元気くんとニコはぐっすり眠っていたけれど、
私たち3人は車のワンセグで地震の様子を見ながら軽く眠った程度だったと思う。


ここから下の写真は、翌朝、父ちゃんが仕事に行く前に着替えのため家に寄り撮影したもの。

c0145250_11361019.jpg
グラス類の多くは壊れたけれど、

c0145250_11364226.jpg
食器棚が作りつけの上に、扉が開かない様に日頃からゴムで留めていたため食器は無事なのが多かった。
大きな物で壊れたのは、上の写真で床に転がっている電子レンジのみ。
テレビもパソコンも大丈夫だった。
しかし、家具類はもとあった場所よりも大きく移動していた。
もともと背の高い家具が少ないので、転倒した家具は無し。

c0145250_11415866.jpg
玄関。
キャバリアの置物は壊れてしまったが、

c0145250_11422952.jpg
maymayさんにいただいた編みぐるみや、オーちゃんmamaさんが作ってくれたクッションは無事。

c0145250_11431012.jpg
壁に下げていた絵皿や、
たくさんのキャバやファンキ~やニコの写真が入ったフレームもほとんど落ちなかった。


c0145250_1222099.jpg


さてさて今日のニコですが、

昨夜から今朝にかけ何度か大きな揺れの余震があり、
やはりその度に驚いています。(私もそうだから仕方ないね)
けれど抱いてる時や、一緒に寝ている時には、「大丈夫だよ」と声をかけてあげれば安心する様。

それから、「何か送ってあげたい」という優しいコメントもいただきましたが、
姉夫婦や、父ちゃんの弟夫婦、友人からの救済物資で大丈夫!
今日の私は、どこへも並んでいないし・・。
東北道も大型車が通れる様になったらしいので日に日に物流も正常化して来ると思われます。
みなさんの優しいお気持ちだけありがたくいただきます。 ^^

c0145250_1283894.jpg
これは、電気が復旧する前。
近所の方が持って来てくれたおにぎりに興味津々のニコ。
COOPの屋上に避難していた時も、震えながらも食欲だけはあったニコです(笑)。

そう、家に戻ってからはね、周りのみんなと少しずつ色んなものを分け合い、声を掛け合いました。
お借りしたストーブも、その一つです。
by funfunniconico | 2011-03-23 12:34 | 日常あれやこれや・・ | Trackback | Comments(18)

11日目の今日の事

今日も父ちゃんは早くに出かけ、
私はニコといつもの様に散歩する。
なんだか体がだるく感じるのは、花粉症のせいか・・疲れてるのか・・。
それでもニコと歩いてるうちは、そんな事も忘れてる自分がいる。

今日はニコとの散歩の後、COOPに並んでみる。
いつもよりは並んでいる人が少なかったけれど、それでも1時間は並んだろうか。
大したものは買えなかったし(一人10点まで)、
商品が入って来ないせいか値段も高くなっている。

ニコはといえば、震災後はじめて1時間も家の中で留守番する事となる。
ニコは震災後3日間過ごした車の中が1番安全だと思っている様で、車の中での留守番なら平気。
次に電気が普及するまで過ごした和室が2番目目に安全だと思っている様。
リビングにいる時に地震にあったため、どうやらリビングへの恐怖心がある様で・・
私がいる時は私のそばを離れないし、
私がリビングを出ると、ドアをガリガリして訴えるか、リビングからドア続きの洗面所あたりにいる。
今日も買い物を終えて戻ってみると、やはり洗面所の方から喜んで出て来た。
以前は、窓辺で日光浴しながら待っている事が多かったんだけどね~。

c0145250_15335010.jpg
*電気が復旧するまで和室(1F)での避難生活中のニコ。(部屋がゴチャゴチャは避難生活ゆえ、、^^;)

c0145250_1535460.jpg
*布団の上が安心の様。

c0145250_15375637.jpg
*暖房は、近所の方が貸してくれた灯油のストーブ1台。
でも、このストーブはお湯も沸かせて本当に便利!
我が家でもぜひ買っておこうと思う。(地震が来る前から親に言われていたのに買ってなかった。。)

c0145250_15383913.jpg
*日中は燃料節約のため、布団に包まって。

c0145250_15393239.jpg
*ニコ毛布が大活躍。

c0145250_15465471.jpg
*父ちゃんが襖を開けっ放しにしていたら、押入れの中に隠れていたニコ。

c0145250_1548055.jpg
*座布団を敷いてあげたら、その上で眠りだした。

今まで地震にはあまり動じなかったニコなのに、今回の地震でイヤというほど怖さを知ってしまったという感じ。
野生(?)の本能なのか、穴の中に隠れたいらしい。
しかも余震は恐ろしいほどに何度でもやって来たから、庭にいても余震が来ると・・

c0145250_15574341.jpg

庭の隅に走り込み、

c0145250_161322.jpg

前足で掘れない穴をカリカリと掘っていた。


11日目の今日には余震もかなり少なくなっては来たものの、
今日までの日々、まだ洋服を着たまま(今はリビングに)寝ている私たち。
枕元には、いつでも逃げられる用意を・・。


それから今日は、父ちゃんの弟夫婦が救援物資を持って来てくれた。
地震の時の事など話していたら・・なんだか心が軽くなり、体がだるかったのも忘れていた。
それに、Tさんからの救援物資(Tさん、ありがとう)を受け取りに行くのにも車に乗せてもらえ
とても助かった。


父ちゃんの弟夫婦が帰った後で、またニコと散歩に出る。
ご近所の男性陣に次々と会う。
みんなニコに「大丈夫?」「落ち着いた?」と優しい声をかけてくれる。

c0145250_161919100.jpg

庭に咲き出したサクラ草。
これからの季節が春へと向かう事がありがたい。
今年の桜は、とても感慨深いだろうな~。
by funfunniconico | 2011-03-22 17:02 | 日常あれやこれや・・ | Trackback | Comments(10)

10日前の3月11日の事、それ以降の事、自分の覚書としても少しずつ書いていこうかと思う。

ただし!

とても怖い思いはしたけれど、自分の家も家族も無事であった事、
もっともっと・・私の数倍怖い思いや大変な思いをした方々がたくさんいる事、
今も恐怖や辛さ、いろんなものと戦っている方がたくさんいる事、
かけがえのないものを失くした方がたくさんたくさんいるという事を常に忘れずにいたいと思う。

・・・と、ここまで書いたものの、この先をどう書こうか頭の整理がつかないので、
とりあえず、昨日の事と今日の事を書こうかと思う。


【昨日の事】
昨日も父ちゃんは朝早くから出勤。
出勤中に「近くのスタンドで整理券を配っている」と連絡をくれたので、ニコを車に乗せ行ってみたが、
すでに長蛇の列のため諦めて帰宅。
帰宅してからニコと散歩に出、近所のスーパーに並んでみようかとも思ったが、これまた長蛇の列で
すぐに諦める。
ガソリンがないため(3日間車に寝ていたので)遠くまで買い物には行けないし、
家にいる時に地震にあい、家の中にいる事への恐怖が取れていないニコに留守番はさせられない。
余震もまだまだ多く、その度に怯えるニコだし。。(一緒にいれば大丈夫になりましたが。)

「まあ、夫婦ふたりの食事なんてカップ麺でもなんとかなるさ」と思っていたところ、
姉夫婦が食品やら電池やらガスボンベやら色んな物を買い込んでやって来てくれた。
ガス復旧へのメドが経たないため、カセットコンロ用のボンベや電池は貴重品!
私たちの元へ届けるものを買うために、朝6:30から10時開店のスーパーの前に並んでくれたのだとか。
笑顔で話す姉の顔は、両頬があかぎれの様になっていた。
連日スーパーに何時間も並び、寒風や紫外線に負けたのだろう。
姉のマンションはガスの他に水も出ないため、顔を洗うのもままならないらしい。
今まで当たり前の様に生意気で対等な口の利き方をしてきたけれど、
こんな時になると、自分はやはり妹という庇護を受ける立場にいるのだな~と実感。
なんだか自分が、餌を運んでもらうのを待っているヒナ鳥の様にも思えた。
しかも姪っ子までが、「〇〇〇くんのために」(←姪っ子が父ちゃんをそう呼んでいる)と、
スーパーに並んでビールまで買ってくれたらしい。

夕方になると・・
前日の電力復旧で、灯油でお風呂を沸かせる様になったお隣さんが(我が家のお風呂は復旧困難なガス)、
「お風呂をどうぞ」と声をかけて下さる。
お湯を沸かし2度ほど体は拭いたものの、10日を最後にお風呂に入っていない私たち。
申し訳なく思いながらも、ご好意に甘えさせていただいた。
夕食の後、ニコも一緒にお隣さんにおじゃまし、父ちゃんが一番風呂、私が二番風呂をいただいてしまう。
久しぶりのお風呂は本当に気持ち良く、ありがたく、嬉しかった。


【今日午前中の事】
今朝も父ちゃんは早くに家を出る。(震災後、連日忙しい)
朝6時、ちょうど私が庭にいる時に新聞配達さんが来てくれる。
(我が家は地元新聞をとっているが、新聞は震災翌日にも配達されていた)
我が家の新聞配達さんは女性の方なのだが、今朝はいつものバイクではなく自転車。
バイクの燃料がやはり買えないため、自転車での配達になったらしい。
頭が下がる思いがした。
「大変でしょう。ありがとうございます。」と言う私に、「ありがとうございます。」と頭を下げてくれる。
そんな感じでお互いに何度も頭を下げ合う。

姉が食料を届けてくれたおかげで、私は今日もスーパーに並ぶこともなくニコと散歩に出る。
その散歩の途中、いつもは行ってなかった近所の犬猫病院に立ち寄ってみる。
ニコの心臓の方も気になっていたけれど、
肛門腺も溜まっているのが分かっていた。
前回病院に連れて行ってから一月経っているので病院に連れて行きたいけれどガソリンがなく、
すぐ近所に住むペットサロンのオーナーが「絞ってあげるよ」と言ってくれていたものの、
彼女も色んな状況下のワンコを保護していて、とても忙しいのを分かっている。

立ち寄った病院では、
事情を話すと快く迎え入れてくれ、心音チェックと肛門腺絞りをしてくださる。
心音の方は「たしかに雑音はあるけれど症状も出ていないし、まあ初期の段階」との事。
体重も大きな変化はなかった。
ついでにフロントラインプラスも1本買う。
何かない限り、あと一月は病院に行く心配もなく安心する。
シャンプーもしてあげたいが、これはまだまだ我慢かな。


そうだね、
こんな事を思えるのも、今こうしていられる幸せがあるからなんだろう。
それでもガソリンが買えたなら、やはりすぐに両親に会いに行きたいかな。
同じ仙台に住む両親とは地震のあった夜に連絡が取れ、無事な事は分かっていても会えていない。
姉夫婦たちが何度か行ってくれてるし、
義兄のお嫁さんも一度たずねてくれたし、
元気でやっているのは分かっていても、80を越えた両親に何もしてあげられなかったな~と思う。
それでもやっぱり、
もう少し落ち着いてくれば、いつか近いうちに会えるのだから贅沢だよね。


c0145250_12242288.jpg

地震前、一輪しか咲いていなかったクロッカスが・・

c0145250_12245924.jpg

気がつけば、今年もたくさん咲いていた。


c0145250_12252910.jpg

今は悲しみに打ちひしがれている人たちにも、いつか空を見て笑える日が必ず来ると信じてる。
by funfunniconico | 2011-03-21 13:35 | 日常あれやこれや・・ | Trackback | Comments(12)