メロンコ娘♪ ・・・ そして、秋刀魚にセンチメンタル。。

c0145250_9374861.jpg
昨日ご近所の方から、ちょうど食べ頃の美味しいメロンを頂ました~♪
c0145250_9391668.jpg
さっそく頂いてみました♪

もちろんニコさんも・・・
c0145250_9402746.jpg
美味しくて♪美味しくて~♪♪♪
c0145250_9415487.jpg
c0145250_942886.jpg
c0145250_9422099.jpg
c0145250_9423668.jpg
c0145250_9425338.jpg
c0145250_9431166.jpg
舌が出ている所を上手に撮れなかったけど・・・
ニコピンは、表面をベロンベロンと舐めまくりました。

でも皮には食いつかなかった・・・って事は、
メロンの食べ方をちゃんと知ってるって事???



ここからは、私のちょっとセンチメンタル~な話。。。

昨日スーパーに買い物に行ったら、
秋刀魚の刺身が並んでいたんです。
あ~、もうそんな季節なんだな・・・と思いながら胸がキュン!

秋刀魚も鰯も鯵も、青いお魚の刺身は好き!
(父ちゃんは、生はもちろん焼いてもキライ!)

昨夜は父ちゃんの帰りが遅い日だったので・・・
自分の夕食用に秋刀魚の刺身をカゴに入れながらも胸がキュン!
c0145250_9534320.jpg
そして夜、ビールを飲みながら食べ・・・
やっぱりキュン!キュン!!

秋刀魚を見ると、ファンキ~を思い出してしまう。
去年、春先あたりから食欲にムラが出始め・・・
去年の今頃は、「夏は越せないかも知れない。。」と言われていたファンキ~。

弱くなっていくファンキ~が悲しくて・・・

食いしん坊だった子の食欲がなくなるってのは、本当に辛い事だよ。
食べてくれないと、気持ちがズンと沈んだ。

それでも秋刀魚を焼けば、いつも喜んで食べてくれたから・・・
c0145250_1004522.jpg
時々、ファンキ~の為に新鮮な秋刀魚を買って来て、
塩を振らずに焼き、肩を寄せ合って一緒に食べた。
この写真は、亡くなる8日くらい前かな。

だから秋刀魚を見ると、ついついファンキ~が懐かしくて切なくなる。

そんな事を思いながら、秋刀魚の刺身を食べていたら・・・

なんと!

肩や腕や足首や背中がむしょうに痒くなり・・・。
「えぇ~!?」っと思って鏡を見たら、
いつの間にか家の中に入り込んでいた蚊に4箇所も!!!!
今年初の事です。。。。。

その後はムヒを塗り捲り、
センチメンタル~になどなっていられなくなったけど・・・

例え何万匹の蚊に襲われようと、
出逢った時から最後の日まで、いつも真っ直ぐに私を見つめてくれた優しい瞳は忘れない。
別れの切なさも忘れない。。。
c0145250_109836.jpg
今ニコがお世話になっている病院の先生の掲示板に、
キャバリアの僧帽弁閉鎖不全症に関する事が載っていました。

日本でも、人工弁に変える手術が行われ成功したそうです。(詳しくはコチラ

キャバリアの僧帽弁閉鎖不全症に関しては、
獣医師会では分厚い1冊の本にまとめられているとも聞いた事があります。
特定の病院では、手術を受ける事が可能になるかも知れませんネ。

でも!
やはり繁殖をする時点から、この病気で苦しむ子を減らす努力をすべきです。
だけど・・・
繁殖を商いとする人たちに、どれだけの期待ができるのか・・・
もちろん、
キャバリアという犬種を愛し、
愛情のあるブリーディングをする方もいますが・・・きっと少ないと思う。

ファンキ~だって、もともとは繁殖を商いとする人が種オスとして購入した犬。
ただ、(ラッキーな事に!)片睾丸だったので、
我家に譲られる事になった犬なのです。

もうすぐ、ファンキ~と出逢って11年目の日が来るな~。。。
トラックバックURL : http://funfunnico.exblog.jp/tb/9220547
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by とぉこ at 2008-07-14 12:34 x
ファンキ~君そうだったんですね!でも片睾丸で
良かったと今となっては思いますね。
そうでないとキャファニコさんちの子になってなかったんですから。
人工弁の手術の成功は明るいニュースですね。
10年先、20年先にはメジャーな手術になってるかしら…
でも自分の子に受けさせるとなると悩むんだろうな(苦笑)
どの獣医さんに聞いてもキャバリアは100パー心臓悪くなるって
当たり前のように言われるのが悲しいですね。

去年、サンマがワンコにも食べれるってキャファニコさんに
教えてもらったのですよね~
昨日、スーパーでサンマの刺身売ってましたよ。
もうこんな季節なのですね。
それにしても・・・サンマ高かったです(笑)

↓ぎゃはは!!面白すぎ~~~(爆)
Commented by メイクル at 2008-07-14 14:24 x
心臓病 
当たり前に聞く言葉になってきましたが
いざ、メイがその言葉を言われたらどうなるのか
自分でもわかりません。
でも、きっと、元気なうちからいろんなことを
たくさん知って、決めておくことも必要なのかもしれませんね。

亡き子の姿が浮かぶとき、どうしようもない気持ちになります。
あの切なさは、いつまで経っても、消えることはないんでしょうね。
でも、それでも、思い出したい。
あの子たちのこと。
忘れたくない。

愛しい彼や彼女のことは、キラキラした宝物です☆
Commented by skipdog at 2008-07-14 15:49 x
去年の夏は暑かったですね。心臓病のワンコにはとっても辛い夏でした。
お互い夏を乗り切ったからって、キャファニコさんと励ましあったのがつい最近のことのようにも思えるし、遠い昔のような気もする・・・。

人口弁の手術も人間では当たり前に行われているのに、犬はどうして?と思っていましたが、確実に進歩はしているのですね。
でも、手術ができると言われてもそれはそれで悩むだろうな~。全身麻酔だけでもかなりも負担があるだろうし・・・。う~ん。

キャバリアは素晴らしい犬種だから、キャファニコさんの言うように無理な繁殖をさせず、心臓病の遺伝子を少しでも減らしていって欲しいですね。

ところで、私も秋刀魚が食べたくなりました!
今夜は秋刀魚の塩焼きに酢橘を搾ってビール、かな?



Commented by マリリンのママ at 2008-07-14 16:50 x
ファンキ~くんはキャファニコさんちの子どもになって本当に幸せでしたね。体が弱ってきたときに焼いてもらったさんまのことは今でも感謝していると思います。写真の顔も幸せそうですよ。

今日はマリリンのお墓に行ってきました。いつもただただ感謝を伝えるだけです。マリリンも去年のこの頃からちょっとずつ様子が変わってきました。

犬の人工弁の手術のことはマリリンが亡くなってから聞きました。犬種によってそれぞれ弱いところがあるようですが、キャバリアはそれが心臓だったということがかわいそうですね。

でも、キャバリアは家族や近所、知り合いなどまわりの皆から特別に愛されている子が多いと思います♡それが本当に救いですよね☆

私がしているボランティアは、病気のお子さんを持ついろいろなご家族のお手伝いなんです。2年半ほどお手伝いさせていただいてます。恥ずかしいことですが、マリリンの入退院のときにその大変さを身をもって知りました。幸せを沢山持ってきてくれ、人生を教えてくれた子でした。
Commented by エディまま at 2008-07-14 19:30 x
二コちゃん、美味しそうにメロンを食べてますね~♪
甘くて美味しいもんね!エディさんも大好きだよ。
ファンキ~くんは焼いた秋刀魚、好きでしたからね。
(エディさんは焼き魚は何でも欲しがります。汗)
キャバリア自体、幾つかの犬種を交配して今に至って
いるので遺伝子レベルで発症しやすい遺伝子が
組み込まれているならば心臓病になりにくくするのは
難しいのかな~?他の心臓病になりにくい犬種と
長く交配していけば、結果的に心臓病は出なくなるかも
しれないけど、そうすると今のキャバリアとは違うワンコに
なってしまうだろうし、、、。心臓病でないコ同士で繁殖させたら
少しは減るかもしれないけど繁殖させるのは発症する前だったり
するから、やっぱり難しいのかなぁ。
エディさんが本格的に発症しても、おとさんは人工弁はしないって
言うと思う。いつも「病気が酷くなったら、エディさんの好きなモノ
いっぱい食べてイイぞ。そして一緒に居ようなぁ~」と言ってるので。




Commented by キャバらぶ~ at 2008-07-14 19:59 x
ニコピン、がばちょってメロン食べれて良かったね~◎
偶然にも私も今日が今年のメロン初日だった☆

あ~ファン君、いつ見ても渋い!!
食欲がない姿ってのは、胸が痛みます・・・。
ファン君種オスとしてだったのか。。。
いいブリーダーさんもいるんでしょうが、金儲けの人の方が多いってのが現実なんだろうな~。。。
どんな縁であっても、自分の家族になってくれたワンを一生懸命に大切にしなきゃね◎
Commented by funfunniconico at 2008-07-14 20:57
☆とぉこさんへ☆
ファンキ~を家に迎えて初めて病院に連れて行った時・・病院の先生に言われました。
「この子は片睾丸で良かった!たいていの場合、繁殖犬の運命は
過酷だから。」と・・・
それに、心臓病の遺伝子を持つファンキ~が種オスとして使われていたら、
心臓病を遺伝子に持つ子孫を増やす事になっただろうし、
ファンキ~だって、繁殖犬としての過酷さにどこまで耐えられたか
分からないと思うから。。。
ファンキ~の両親の飼い主が、偶然にもご近所の方の親戚さんなんです。
ファンキ~の親もまた、同じ心臓病で亡くなったらしい。
そんな子を種犬として売ったのか???・・・とも思うけどね。

秋刀魚のお刺身は、398でした。
ただし、写真+5切れ。 5切れはオリーブオイルで焼いて、今晩までの間にニコにあげました~♪

ニコピン扇風機の風、とぉこさんの街にも届いた~(笑)??
Commented by funfunniconico at 2008-07-14 21:06
☆メイクルさんへ☆
メイちゃんもニコも、同じ血を引く命・・・どうか遺伝子の中に組み込まれていません様に・・・
って思っているけど、万が一の時にはファンキ~の時と同じ様に、
真っ直ぐに向き合うつもりでいます!
だって、それしかできないから(苦笑)。。。

それに、
心雑音が出た時点で薬を飲ませる先生と、
症状が出るまでは飲ませない・・・という先生と分かれるみたいなんですよね。
今、ニコがお世話になっている先生は、症状が出るまでは薬は飲ませない・・・
という考えらしいんです。
ファンキ~は、心雑音が出たのと同時に飲み始めたけどね。
そんな所も、いろいろと難しい。。。
Commented by funfunniconico at 2008-07-14 21:16
☆skipdogさんへ☆
去年の夏から秋にかけては、お互いに辛い時期でしたね。
そんな辛い思い出を引っ張り出してしまった様で、ごめんなさい。

例の人工弁への手術は、チームを組み・・しかも、人工心肺をつけての
大手術という事で、おそらくは200万以上はかかるだろうとの事なんです。
ワンコにとっても、生死をかけた大手術になるだろうし・・・
選択もまた難しいですよね。

そういえば、ちょっと前・・・たまたま仙台の中心部にあるペットショップの前で
私がニコを抱いて立っていたら、店長が出て来て「犬種は?」って。
犬種も分からずに、ペットショップのオーナーとして犬を売っている・・・
そんな事にも唖然です。。。

そちらは、もう酢橘が採れるのですか??
そして秋刀魚と共に、グビッと美味しいビールを飲んだかな???

Commented by funfunniconico at 2008-07-14 21:26
☆マリリンのママさんへ☆
マリリンのママさんにも、ごめんなさい。
また辛かった事を思い出させてしまいましたね。。

私も、キャバに対しても・・ファンキ~に対しても・・
ただただ感謝の言葉しかありません!!

ワンコは・・・キャバリアは体が小さいし、体調を崩したら本当に
あっという間なんですよね。
それでも最後まで彼らは、ひたむきに頑張るんですよね。

マリリンのママさんは偉いです!!
決してお世辞ではなく、本当にそう思います。
そんな事の大切さを分かっていても、なかなか実行にできる人なんて少ないですよ!
マリリンちゃんを通して知った事、それを無駄にせず、
前に向かって進んでいるマリリンのママさんを尊敬しますし、
応援しています◎◎◎
Commented by funfunniconico at 2008-07-14 21:37
☆エディままさんへ☆
今日も、残りのメロンをニコと父ちゃんと私とで・・仲良く食べましたヨ~♪

キャバリアの心臓病を少なくする為の交配ルールみたいなのが、
ちゃんとあるんですよ。
現にイギリスなどでは実行しているはずなんです。
でも日本は、まだまだ商品として生ませる・・・いわゆる金儲け主義の
自称ブリーダーってのが多いんだと思うんですよ。。。

そうだ!!
先日のテレビで、東京の獣医師による救急車ってのを放送していました。
『アニマルドクターカー』っていう名前で、荻窪の塩田先生という方が
運営しているんです。
何かの時には役に立つかも!!(そんな事は、絶対にあってほしくないけど。。)
深夜でも自宅の近くまで駆けつけてくれるので、割高にはなるけど・・・
確か放送時点では、上限が35,000円でした。
あくまでも万が一の時のために、デス◎
Commented by funfunniconico at 2008-07-14 21:46
☆キャバらぶ~チャマへ☆
本当にね、ワンコのの食欲がなくなる・・・っていう姿は、胸が苦しくなるよね。。。

ファンキ~は・・・病院の先生にも言われたけど、片睾丸だった事は
救いだったと思う。
日本での繁殖犬というのは、たいていの場合・・・過酷な運命らしいから。
実際、ファンキ~も家に連れて来た時は、全身がアセモの様なものの
カサブタだらけで、耳もジュクジュクしてた。
それに、あんな甘えっ子が、ゲージの中で一生のほとんどを過ごすのか・・・と思うだけで、
悲しくなるよ。。。
やりたくもない交配を強いられて・・・。

そうだね。
私たちにできる事は、せめて自分たちの家族になってくれたワンコを
しっかりしっかり愛し守ってあげる事だよネ!

Commented by 沙良 at 2008-07-16 09:57 x
きゃふぁにこさん、こんにちわ♪

↑犬種も解らずにペットショップの仕事してるなんて
ありえない!どう考えても理解不能~。
そこなのかどうか、市内中心部にミックス犬を売りにする
ペットショップが2年くらい前にできましたよね。
シュナ友と呆れて話題になりました(苦笑)
Commented by funfunniconico at 2008-07-16 13:01
☆沙良さんへ☆
こんにちわっ♪♪♪~~

おそらく、大ピンポン!!です◎
そこのお店の近くに用事があって、ニコ同伴で出かけたんです。
そこのお店を父ちゃんが、「チラリと覗きたい!」というので・・
ニコと外で待っていたんですよ。
そしたら店長が出て来て、「犬種は? 大人??」って。
とっくに3歳なんだけど!
それに、ちょうどそのお店には、カラーの違うキャバリアの子が売れ残っていたはず・・・
カラーが違うから分からなかったのぉ~???
 
あのお店は、かなり遅い時間まで営業しているんですよね~。
お酒が入った人たちが衝動買いしそうな時間帯までやっている気がしたけど、
定かではありませぬ。。。
by funfunniconico | 2008-07-14 10:32 | C&F&Nの思い出 | Trackback | Comments(14)