ニコが寄り添う相手は・・・

c0145250_13264777.jpg
これはファンキ~がいた頃のニコ。
毎日毎日・・幸せそうな顔をしてこんな風に寄り添って寝ていた。
その姿がとても微笑ましくて、
その姿を見ているだけで、私も幸せを感じた。

ニコがこの家に来た日、
ニコは、ファンキ~を見つけるとすぐに駆け寄り、
そしてその日から、ペッタリとファンキ~に寄り添った。。。
c0145250_13321033.jpg


ファンキ~がお空に旅立ってからのニコは・・・
c0145250_13325073.jpg
c0145250_1333422.jpg
c0145250_13331660.jpg
この枕は、今年9月にファンキ~に買ってあげた枕。(以前の記事
ファンキ~お兄ちゃんの匂いが残ってる??

そして、それでも寂しくなると・・・
主人の足だったり
c0145250_13352565.jpg

私の足に・・
c0145250_13355259.jpg
ペッタリ。


ファンキ~がいた頃は、ファンキ~に寄り添うのが一番好きだったニコ。
今は、すぐに「抱っこ!」と寄って来ます。
現に今、こうしてパソコンに向かっている私の膝の上にもニコがいます。
膝に乗せながらのパソコンは大変なので、何回も下ろしたのですが・・・
ダメなんです。
そして私のトレーナーの中に入り、首だけ出して寝ています。
ニコも寂しいんだろうね。
でも私は、ニコの存在に助けられてる。
ニコがいなかったら、この寂しさは耐えられないよネ。。。

実はニコは、キャバが亡くなり49日が過ぎてからすぐに来た子です。
ニコを迎える事を決めてから、
そんなに早く新しい命を迎えようとしている自分が嫌で、苦しかった。
そんな時に『楽園のしっぽ』を読んで力づけられ、少し気持ちが楽になりました。
そして実際にニコとの生活が始まると・・・
キャバはキャバ。ニコはニコ。
どちらにも代われる命などなく、どちらもそれぞれが愛しい命なのだと
強く感じました。
『楽園のしっぽ』にも書いてありましたが、
向き合う命が多ければ多いほど、いろんな別れがあると・・・。
以前ファンキ~とニコの物を買った所から、昨日メールレターが届きました。
購入客に、定期的に届くメールレターなので、
いつもなら読まないで削除する事が多いのですが、
昨日は、何気なしに開いてみました。
【ペットロス】の事が書いてありました。
その方は、前のワンちゃんを入院中の病院で亡くし、
最期を見送る事ができなかった事を強く後悔していて、
次の子は入院させずに、自宅で1年前に看取ったそうです。
でも今度はその事が、「入院させずに余計苦しませたのでは・・・」という
思いにつながってしまったと。
私もそうですが、人間は完璧ではないから、
「もし、こうしていたら?」という思いは必ずついて来る。
特に状況が悪化してくるほどに、自分自身も必死になるから、
「どこかで判断を誤ったのではないか・・・」と思う事もある。
テレビから流れるちょっとした映像や言葉で、
そんな思いが、ふとよみがえる事もあり・・・
そうすると自分の奥に奥に・・・と向かってしまって動けなくなる事がある。
でも、
昨日のメールレターに書いてあったのですが・・・
「飼い主が、我が子の命を守りたいと決断した事を犬は喜んで受け入れる。」
飼い主との絆が強いほど、そうなのだ・・と。
私も、きっとそうなんだろうな~・・・と思います。
キャバもファンキ~も優しい子たちだったから、
私の至らない点も、きっと全て許していってくれたのだろうな~って。

振り切れない悲しさだって寂しさだって、当たり前なんだと思う。
だって、あんなに愛おしく思えた存在が亡くなってしまったのだものね。
だから、それを上手に胸に抱えて、ちゃんと歩いて行くしかないと思う。

その方のメールレターにも書いてあったのですが、
私も、いつかキャバやファンキ~と再会できる事を一途に願っています。
だから、その日までシャン!と胸を張って歩かねばね。。。
トラックバックURL : http://funfunnico.exblog.jp/tb/7449501
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by マ~コ at 2007-11-16 15:31 x
飼主さんがいいと思ってしたことが、ワンコには一番いいと私は思っています。
私も 前のワンコ(ジェリー)が死んで4ヶ月後にランを迎えました。
やっぱり少し早いかなと自分を責めたことありましたが。。。。
ものすごく助けられましたよ。

ニコちゃん ファンキー君といつも一緒だったのに。。。
今 どう思ってるのかな?
ファンキ~君の匂いのついた枕で安心するのかな?


Commented by クロキャバ at 2007-11-16 19:22 x
ニコちゃんもまだなだ淋しいんだろうなー(;;)
ニコちゃんにとってファンキーくんはお兄ちゃんであり親であり すごく大切な人だったんだと思います。
今は存分に甘えさせてあげてくださいね☆(^^)

私も代わりはいないと思います。
みんな性格も個性も違ってとっても愛しいです☆
私はこれからも自分がちゃんとできるかぎり今の子達と同じ境遇の子がいれば迎えるつもりです。
別れが多いのはホントにホントにつらいんですが でもこの子達が幸せそうな顔をしてくれるのがホントに私にとっての幸せなんです。
人からみれば偽善者に見られるかもしれないんですけどパワーをもらってるのは私のほうです。笑

私も淋しさ 悲しさ つらさは当たり前だと思います。
でもそれをいかに忘れることのないよう 次にまた会える日まで恥ずかしくないよう歩いて行きたいと思います。(実は恥ずかしいこといっぱいありますけどね★笑)

P.Sまだまだ毎日大変です★汗 体がついてってません★ヤバイ
   でもなんとか根性で頑張りマッス☆(^^)
   キャファニコさんもお体気をつけてくださいね☆(*^^*) 
Commented by funfunniconico at 2007-11-16 21:12
☆マ~コさんへ☆
私は、なんと・・・正確に言えば、50日目でしたから。
でも子犬さんのパワーってすごいですよね!
私も主人も、きっとファンキ~もニコの存在に助けられたのだと思います。

ニコは、やっぱり寂しいのだと思います。
言葉が話せたら、いろんな事を話してみたいです。。。
Commented by funfunniconico at 2007-11-16 21:19
☆クロキャバさんへ☆
そうだね・・・皆、それぞれに個性があって可愛い!
そして別れは本当に辛いけど、辛い分だけ幸せや優しさをもらった・・って事でもあるんだよね。強い心を持てば、自分が看取らなくて誰が看取るの??・・って事かもしれないね。
私は、自分の子供を育てた事がありませんが、それを寂しいと思わないでこれたのも、キャバやファンキ~たちの存在があったからだと思っています。
その事に感謝しなくてはね!

クロキャバさん・・・大変な時にいつも本当にありがとう!!
Commented by エディまま at 2007-11-17 00:19 x
小さいニコちゃんがファンキーちゃんに
寄り添ってる写真いいですね~。
今はみんなにくっつき虫のニコちゃんですね。
エディさんは一人っ子だから?基本的にくっつき虫ですよ(汗)
私も、おとさんに今から「おかさんは絶対ペットロスになる!」と
断言されてます。色々やったとしても「あ~すれば良かった。」
「こうすれば~。」、、、と後悔するのが分かってるのかもしれませんね。

Commented by とぉこ at 2007-11-17 01:39 x
「飼い犬を看取れるのは飼い主として幸せな事」
ってある新聞のコラムに書いてありました。。
理屈では分かっても愛情が深ければ深い程
受け入れられないかもしれないですね。
でもいつか心の底からそう思える日が来ることでしょうね・・・
それまでは泣いて悲しんで時には後悔もいいんじゃないでしょうか。
それは当然の感情ですから。

ニコちゃん…言葉が話せたらどんなにいいか…
って今日ほど思った事はありません。
ワンコにも感情はありますが人間のように泣いたり
出来ないからそのはけ口として体調を崩すのかな・・・
なんて思ってます。
ニコちゃんがキャファニコさん達に甘えるの・・・
ニコちゃんの寂しさの表現なのでしょうね。
ニコちゃんの寂しさが癒えるのを切に願います。。

>いつかキャバやファンキ~と再開できる事を一途に願っています。

「いつかまた会える日が来た時、君に
恥じない日々送る事誓おう“青空”(BLUE SKY)に・・・」
私の大好きな歌の一文です。
Commented by funfunniconico at 2007-11-17 11:03
☆エディままさんへ☆
ニコが家に来た時は、本当に小さくて1.6キロしかありませんでした。でも態度はデカイ子だったかな(笑)。。。手の平に楽に乗りましたヨ!

きっと・・・「私は完璧でした!」なんて言える人は、なかなかいないのだと思う。だからこそ日々たくさん愛情を注いで、たくさんたくさん可愛がってあげる事しかできないのかも知れませんね。
そんな愛犬との思い出は、いつまでもキラキラ光る大切な物になって心に残ると思います。
Commented by funfunniconico at 2007-11-17 11:11
☆とぉこさんへ☆
いつも優しいコメントをありがとうございます。
私は、幸いな事にキャバもファンキ~も看取る事ができたけれど・・・
ファンキ~は私の手に顔を乗せて、本当に眠る様に逝ってしまい、
すぐ近くにいたのに、私にはその瞬間が分からなかったんです。
目をつぶり休んでるのだとばかり思っていて、静かに顔を眺めていたの。分かっていたなら、最後に名前を呼んで抱きしめてあげたかったな・・・って思うんですよね。。。
そう思うと、「あ~もう一度抱きたいよ~!!」ってなってしまう。
昨日は、3人の方からファンキ~の事を聞かれたり、前日に届いた【ペットロス】の文章を読んだりで、ちょっと沈みがちでしたが、いつもそういうわけでもなく・・・「割りと元気にしてるジャン!」って思える日も多いんですが・・・ネ~。。
by funfunniconico | 2007-11-16 14:22 | home(NICO*&B.B) | Trackback | Comments(8)