青空と水仙の花とコロンと・・・



c0145250_15314897.jpg


今朝の青空と水仙の花。


陽射しがたっぷりだったから、

チポも庭に誘ってみた。




c0145250_15315158.jpg


チポは去年初夏までペットショップで過ごしていたから、

春という季節を身体で感じるのは
今年が初めてなんだと思う。

初めての水仙はどんな香り?




c0145250_15315503.jpg


どんな風に見えた?




c0145250_15315873.jpg


チポが庭でじっとしていてくれたのは、
唯一この瞬間くらいで、


あとは、


あちこち探索して歩いては、




c0145250_15320198.jpg


コロン。




c0145250_15320525.jpg


コロン。


もう枯葉とか、いっぱい付いちゃって、

それを払って散歩に行って、


その後は、




c0145250_15320857.jpg


窓辺でコロン。




c0145250_15321151.jpg


コロ~ン。



んっ!?




c0145250_15321577.jpg


薄め開けてる(笑)?




c0145250_15321714.jpg


庭で咲いたムスカリを球根ごと掘り上げてみた。


ムスカリには、ニコが小さかった頃の思い出がある。
ニコだって小さい頃はイタズラばかりで、
初めての春には、ムスカリの頭(花の部分)をちょん切ってはペッてしていたの。

去年の今日の日記を見たら、
病院で先生に「ひと山越えた」と言われたと書いてあった。
自壊した首からの膿も止まったと。
日記には、
「ニコのこれからを考えると怖くなるけれど、でもニコは今を一生懸命に生きているのだ」とも
ものすごく汚い字で書いてある。
もともと上手な字ではないけれど、
3月16日の深夜、ニコを自分の右腕に抱きかかえていて、
ついつい自分の頭をも自分の右腕にのせて眠ってしまった。
どのくらいの時間だったか、
そんなに長い時間ではなかったと思うけれど、
気が付いた時には右腕が全く動かなくなっていて、
翌日夕方になっても治らず、
このままではニコの看病もできないと慌てて病院に行ったら、
右腕の神経が潰れていると言われ、
「どうにかして動くようにしてもらいたい!」と先生に泣きながら訴えたのだ。

ギブスをして固定する事を勧められたけれど、
ニコにごはんを一口ずつ食べさせてあげないといけないし、
とにかく自分は何よりもニコの世話を優先したいから、
固定なんてされては困る!

毎日通院するように言われても、
ニコから目が離せないから通院はできない!

それに腕を痛めた3日後からは、10泊11日で父ちゃんが出張する事になっていた。

腕を痛めたのは自分の不注意だったけれど、
でも、痛めた腕を休めている場合ではないのだと、
なんとか先生に状況を分かってもらいたくて説明したら涙がどんどん出ちゃって。

先生は、理解してくれたし、
簡易ギブスのようなのを作ってくれて、
自分で付けたり外したりできるようにもしてくれて、

「よく新婚の男性がなるんだよ、愛しい彼女を腕まくらして寝てね、あなたの場合は愛しいのがワンちゃんだったんだね」って、
私を笑わせてもくれた。


幸いだったのは、
父ちゃんが10泊11日の出張に出る前の2日間が休日だったこと。
その2日間は父ちゃんにニコを頼んで病院に行くことができた。

そして、
父ちゃんが出張に出てからは、
今度はニコの方が(本当ではないものの)少しずつ復活し、気力を見せ、私を励ましてくれたし、
私の手もゆっくりゆっくり動かせるようになっていった。

父ちゃんが出張に出かける朝、
玄関で見送りながら、
「あなたはニコにもう十分にしてくれたから、出張中にもしもの事があっても後悔はしなくていい」と、
そんな風に言って送り出したけれど、

ニコは先生も褒めてくれるほどに頑張ってくれて、
本当に親孝行だったな~と、

そんな事を思う今日、
11回目の月命日。







ニコがお空へと引っ越して、どのくらい経ってからだったか・・・
厚生省とかそういう機関からだったと思うけれど、
私の腕を痛めた理由を問う手紙が届いた。
腕を痛めた時に第三者はいなかったのか、
第三者によっての暴力などによるものではなかったのか、
詳しい状況を書くようにと。
どうやら、家庭内暴力を疑われたようなのだ(笑)。

そういえば病院に行った時、
手が動かないという理由で行ったのに、上半身は脱ぐように言われたのだ。
すぐに治して欲しい一心ですぐに言われた通りにしたものの、
「もしかしたら」ということでだったのか~と後になって思い、
あの頃はニコの看病でよく寝ていなかったから疲れた顔もしていただろうし、
なにしろ泣いてたし、
ニコの様子を尋ねられたから、ニコの状態もちゃんと説明はしたものの、
「もしかしてもしかしたら」と思われていたのかな~と、
今になってはなんとなく笑える話です。







c0145250_16492916.gif

元気だったころのニコ。
イチゴ(もっ!)大好きでした~。

^^











トラックバックURL : http://funfunnico.exblog.jp/tb/25440727
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by funfunniconico | 2016-03-23 16:39 | garden&home(NICO*&C | Trackback