my N***

c0145250_10341679.jpg

昨日でひと月になりました。

ニコがいた日々が、とても遠く感じられる気もするのに・・
この1ヶ月は早かったような、長かったような、なんだか不思議な感覚です。


今日は、ニコの闘病中の写真でブログに載せていなかったのを載せたいと思いますが・・

なにしろ闘病中のニコなので元気な頃とは違いますし、今日も長い記事になりそうなので、
見たくないな~と思われる方はスルーしてくださいね。





c0145250_10342326.jpg

今年3月5日のニコ。

私がテーブルに花を置いたら、
いつも通り自分でベンチに上がってポーズしてくれた。



c0145250_10343156.jpg

日記を見ると、ここ数日のニコは夜もよく眠り、久しぶりに散歩(バギーに乗りながらの)にも出かけたとある。

「好転の春になって欲しい!!」と翌日の日記には書いてあるので、
サプリメントなども飲ませていたし、
この頃の私は、まだまだ諦めてはいなかったんだな~。

でも、ニコがお花のモデルをしたのは、この日が最後でした。



3月8日の朝までは、いつも通りのニコでしたが・・

大きくなって自壊寸前だった腫瘍のため貧血状態となり、急に手足に力が入らない感じになりました。
その後の事は、この日(→)の記事に書いています。

リンパに転移した悪性腫瘍はどんどん大きくなってきていたし、
遺伝性の疾患を抱えているニコの心臓にも、それは負担になっていたし・・
「そろそろ」というような事は、先生からなんとなく聞かされてはいたものの、
ニコは8日の朝までは食欲もあり、快活にしていたのである。



ちょうど父ちゃんの誕生日だった3月12日には、「もうあまり長くはないだろう」と言われたニコだったけれど・・

その後の ひと月10日ほどをニコは本当によく頑張ったのだ。 (「プチ復活!?」の記事→



c0145250_10343940.jpg

3月17日のニコ。

倒れてからのニコは、自分でゴハンを食べる事ができなくなったため、いつも一口ずつ食べさせていた。

同じものを一度に食べさせるとニコも疲れてしまうし、味にも飽きるだろうと考え、
朝・昼・晩、それぞれの食事を3回くらいに分け、内容も変えて食べさせていたし、
オヤツの時間だって忘れなかった。

倒れたばかりの頃のニコは食欲もなくなり、一時体重も減ったものの、どんどん痩せて行く・・という風には絶対にしたくなかったのだ。



c0145250_10345680.jpg

自分でゴハンを食べられるようにはならなかったけれど、
なんとなく食欲が戻ってきた頃のニコ。 (3月20日)



c0145250_1035556.jpg

立派なウンチをしたらスッキリしたのか、コロンと横になり気持ちよさそうに寝ていた。



c0145250_10351271.jpg

3月21日のニコ。



c0145250_10352052.jpg

リンパに転移した悪性腫瘍は何個もあり、自壊しながらもどんどん大きくなって行った。


でも、この頃からプルプル~がまたできるようになり、



c0145250_10352760.jpg

力強くはないものの、自分で歩いてキッチンにも来たりするニコがいた。 (3月21日)


3月23日には、先生に「ひと山越えた」と言われ、首からの出血も止まる。

3月26日には、「悪いなりにも落ち着いている」と先生に言われる。

3月23日以降、週1回だったニコの病院は週2回となった。
(肺への転移をなるべく遅らせるために、丸山ワクチンを週1から週2にした)
病院に行く事が嫌いでないニコには、よい気分転換になっていたように思う。
丸山ワクチンが皮下注射なため、まったく痛がらなかったというのもある。



c0145250_10353516.jpg

3月27日。



c0145250_10354331.jpg

3月28日。

この頃の私は、朝食に豚肉入りのうどんを食べる事が多かった。
父ちゃんが3月19日から11日間の出張だったし、ニコに朝ゴハンを食べさせてから私の食事だったので、
朝食を食べるのは9時半を過ぎていた。

それにニコが、豚肉の匂いに反応し、「ちょうだい♪」と寄って来るのが嬉しかったのだ。

ニコには、味付け前の豚肉をいつも別にとっておいた。


この頃は悪いなりにも落ち着いていて、この日は久しぶりに実家にもニコを連れて行った。
結局は、ニコが実家に行ったのはこの日が最後になったけれど、
いつものように私の父に寄って行き、オヤツをねだるニコがいた。


この翌日には、11日間の出張から父ちゃんも帰って来て・・
出張に出る時には、「もしかしたら」という思いがあった父ちゃんなので、
腫れはますます酷くはなっていても、気力のあるニコ(→)の姿が嬉しかったと言っていた。





c0145250_10354933.jpg

ニコはゴハンもだけれど、水も自分で飲めなくなった。
なので、いつもシリンジで飲ませていた。

水が飲みたい時は、ちゃんと自分で教えたのだ。

写真は4月10日のニコで、父ちゃんが飲ませているのは、水に溶かした薬。



c0145250_10355772.jpg

シリンジから、いつもチュパチュパゴクゴクと可愛く飲んだのだ。

父ちゃんと、「ニコが赤ちゃんの時、きっとこんな風にお母さんのオッパイを飲んでいたんだよね」とよく話した。
そんな可愛さだった。



c0145250_1036563.jpg

ニコを看病中、便利だったのは、出張した時の宿泊先などから父ちゃんが持ち帰る薄手の白いタオル。

薄いのですぐに乾くし、
ニコに水を飲ませたり、ゴハンを食べさせたり、蒸しタオルにして体を拭くのにも使った。

少しでも気持ちよく過ごさせたかったので、汚れたらすぐに交換し、一日に何枚も洗った。



c0145250_10361232.jpg

鼻が本当にもうカサカサになってしまって・・
「自分でもう舐められないから」と先生が言うので、時々私が舐めてあげたりもしたけど、効果はなかった。
最後の夜にはドロッとした鼻水が詰まっていたので、口で吸ってあげた。
ニコは嫌がらなかった。

そうそう、ニコは自壊した所の処置なども全く嫌がらなかったのだ。
飼い主ながらも本当にエライ子だったと思う!



4月9日朝、2回目の自壊で出血。
3日前の4月6日に病院に行った時、1度目の時のように自壊前に抜いて楽になるよう試みたが、
中での出血量が多いため、あまり抜くことができないと言われていた。
そしてそれがやはり自壊した。

その2回目の出血は、1回目の時よりもやはり量も多く、最後まで止まる事はなかった。
それに伴い、ニコの貧血も進み、食欲もまた少しずつ減退して行った。

それでも、ニコは最後の夜までちゃんとゴハンを食べてくれたのだ。
その事を先生も褒めてくれたけれど、腫瘍のせいで上手に食べられなくなり、いよいよ食欲がなくなっても、
一口食べる度に私が褒めたので、
おそらくニコはそんな私に応えようとして頑張って食べてくれたのだと思う。


4月9日には「もうなんでも好きなものを食べさせてあげなさい」と先生に言われているから、
先生は先が見えてそう私に言ったのだと思うけれど、
日記を見ると、ニコの食欲が少しずつ落ちてきたのは4月14日あたりからとなっていて、
4月9日頃のニコには、まだ気力が残っていた。 (4月9日のニコ→

ただこの日、桜の下でニコを抱きながらベンチに座っていた私は、ニコの前脚付近の左右に腫瘍のようなものを見つける。
(次に病院に行った時に聞いたら、その可能性が大きいと言われる)

4月14日には、反対側のリンパも腫れてきたことに気づく。
16日に病院で転移だと言われる。

4月15日には、こんな顔(→)も見せてくれたニコだけれど・・
4月17日には、今まではスープで柔らかくふやかせば食べてくれていたドッグフードも・・
(朝・昼・晩のゴハンそれぞれを3回くらいに分け、その内容も変えていたけれど、そのうちの1回はドッグフードもあげていた)
他のゴハン同様にすり潰さないと食べなくなり、オヤツに喜んで食べていたボーロも食べられなくなる。



c0145250_10362078.jpg

これは4月19日のニコだけど・・

「貧血が進み寝たきりの状態になるかも」と先生に言われていたけれど、
ニコはゴハンだけでなく、
最後の日まで自分でちゃんと歩き、自分で排泄をした。



c0145250_10362885.jpg

そうそう、耳毛をカットしたのは4月6日の事でした。



c0145250_10363649.jpg

4月21日は父ちゃんの仕事も休みで、



c0145250_10364476.jpg

もう終わりかけだったけれど、
毎年ニコと見に行くのを楽しみにしていた近所の桜を見に行った。



c0145250_10365815.jpg

そして、この日がニコと見た最後の桜、最後の散歩になりました。



c0145250_10365196.jpg



4月22日には、さらなる自壊が起こったのか、ますます出血量が増えていた。
それでもちゃんとゴハンを食べ、
ちゃんと自分で歩き夜寝る前の最後のチッコをし
その後、少し吐く。 (夜9時半頃のこと)
嫌な予感がしたので、みんなでリビングで寝る事にする。
夜11時半頃だったか、またチッコに行きたいというニコ。
チッコを終えたニコを抱いて家の中に戻る時、一度ニコの意識が遠くなる。
その時も心臓がだんだん弱くなっていく感じがあったものの、父ちゃんが「ニコ~」と声をかけると目を覚ます。

そして翌日の午前3時、とうとう眠るように静かに空へと旅立って行きました。 (→





一昨年の冬、私がニコの口の中に見つけたデキモノは、本当に小さいものだった。
それに、たまたま先生の翌日の手術がキャンセルとなっていたため、翌日には手術してもらえた。
細胞検査の結果はとても悪かったものの、極々初期の段階での手術だったと思う。
それに細胞検査結果には、「一部に脈管侵襲を認める」とはあったものの、
「取り切れている」とも書いてあったのだ。(再発の時にも「取り切れている」とあった)

なのに半年後には再発し、とうとうリンパにまで転移したニコの悪性腫瘍は・・
1回目の時も再発の時も、
「しばしば再発し、リンパ管を経由し、所属リンパ管へ転移することが多く、遠隔転移では肺が最も多い」と書かれていた。
今まで悪性腫瘍としか書いてなかったけれど、そのニコの悪性腫瘍は、
腫瘍の中でも特にやっかいだと言われる悪性黒色種(メラノーマ)でした。

なんでニコが と思いました。
先生には、「もって生まれた(免疫力の下がる)体質」と言われましたけど・・
それでも、
なんでニコが と何度も考えました。




本当に長い記事になってしまいましたが、
残っている動画があるので、それも載せさせてください。

1月29日、寝息をたてているニコです。







長い記事にお付き合いくださり、ありがとうございました。

明日以降は、また庭の話や、猫の島に行った話など・・のつもりです。









トラックバックURL : http://funfunnico.exblog.jp/tb/24146092
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2015-05-24 16:05 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by pecopecopekico at 2015-05-24 19:39
しみじみとニコちゃんは幸せものだなぁ~と思う。
病気との闘いはとても大変なことだけど
優しいお母さんがいつもそばに居てくれて
ありったけの愛情を注いでくれる。
色んな生活スタイルがあるから、なかなか出来そうでここまでは出来ることじゃないよ。

今頃、ニコちゃん、どうしてるかな~(^O^)

Commented by kotorishu at 2015-05-24 21:12
最後まで読ませていただきました

ニコちゃん、自分の力でずっと頑張って来たね
ママに少しでも喜んでもらいたかったんだよね~
これからは苦しまずに、ゆっくり過ごしてね
そして、
たまには、大好きなお庭をパトロールしてね❤

Commented by akko at 2015-05-24 22:58 x
ニコちゃんが旅立って 早いもので もうひと月になるんですね。
ターミナルについて詳しく書いてもらって、ニコちゃんがどんな風に過ごしていたのか よーく分かりました。
辛かったと思いますが、ありがとうございますと言わせてくださいね。^^

私の方は、昨日pcが壊れてしまいまして。。。
今日、新しいものを購入(思わぬ出費で痛ーい)
丁度、娘が帰省していたので、セットアップから全てやってもらい、
すぐに使えるようになりました。^^
さすが、pcのプログラマーだな~と感心していました。
Commented at 2015-05-25 00:31
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2015-05-25 06:51 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by funfunniconico at 2015-05-25 11:59
☆鍵コメ 5-24 10:05さん☆
ありがとうございます。
ニコの事、「好き」て思ってくれていたんだな~って、
いつも可愛がってもらっていながら
(あれれ?同じお名前の違う方だったらごめんなさい。。)
そんな風にニコを思ってくれていた事にも感謝です。
Commented by funfunniconico at 2015-05-25 12:02
☆pekicoさん☆
うん。
私の場合、仕事もしていないし、子供もいないし、
親たちも元気にしていてくれるから、
ニコに集中する事ができたのだと思っています。
ニコとの、そういう時間を持てたという事にも感謝すべきかも。

ニコね、どうしてるんだろう。
生まれ変わってヒョッコリ出て来ないかな~。。。
Commented by funfunniconico at 2015-05-25 12:05
☆kotorishuさん☆
とても長い記事なのに読んでくださってありがとうございました。

ニコは甘えん坊だとばかり思っていたのに、
本当によく頑張りました。
私が言うのもなんですが、エラカッタ、本当にイイコだったと思っています。 
Commented by funfunniconico at 2015-05-25 12:09
☆akkoさん☆
こちらこそ、ありがとうございます。
ニコも、そして私たちも、辛い思いはあったけれど・・
みんなお互いに、そしてニコも、辛い顔を見せずに頑張り抜いたと思います。

娘さん、そうなんですか~。
頼りになりますねっ! ^^
Commented by funfunniconico at 2015-05-25 12:12
☆鍵コメ 5-25 00:31さん☆
ありがとうございます。
一昨年の冬からだったのです。
心臓の方は5歳の時からで。。
もっともっとそちらのshopにも行きたかったけれど・・
そういうわけで、
最後の頃はリンパの腫れで、ぶかぶかなファンキ~のお下がりしか着れなくもなっちゃったの。
でも、ほんとイイコでした。
Commented by funfunniconico at 2015-05-25 12:19
☆鍵コメ5-25 06:51さん☆
ニコも同じです。
リンパがパンパンに腫れてね、口元を引っ張るから
水とかも横からタラリと流れるようになっちゃったし、
食べ物も上手に口に入らないとこぼれるから、1日に何枚もタオルを使いました。
でも、
あれ~、〇〇ちゃんも心臓の方ではなかったという事ですか???

看病するのは・・
顏では笑っていても、心の中では泣いたりして、辛い思いもたくさんありましたけど、
でも、そうやって看病させてくれた日々も、感謝の思いでいっぱいです。
こういう思いも、一緒かな~??
Commented by makomikan at 2015-05-26 20:15 x
ニコちゃん、本当に本当に頑張りましたね。
最後まで、自分の事は自分で出来て。
親孝行なニコちゃんだな~。

きゃふぁにこ♪さんと父ちゃんさんとの生活が本当に幸せで~
ニコちゃん自身、離れた感覚がないんじゃないのかなぁ。。。と思います。
ちょっと、長い眠りについて、また目が覚めたら
きゃふぁにこ♪さんと父ちゃんさんの笑顔があって・・・
そんな風に思っている気がします。
Commented by funfunniconico at 2015-05-27 10:24
☆makomikanさん☆
そうなんです。
甘えっこだとばかり思っていたけど、
親孝行なエライ子でした。
本当にね、ちょっと眠って充電して、また私たちの所にやって来てくれたらいいんだけどな~って
そんな風に思います。

あ~、、、また涙出ちゃった。。

1枚目のお花、makomikanさんにいただいたお花の一つです。 ^^
by funfunniconico | 2015-05-24 13:31 | C&F&Nの思い出 | Trackback | Comments(14)