今日は雨。

c0145250_15264372.jpg

今日は雨。



c0145250_15265186.jpg

満開近いスモモの花も雨に霞んでる。



今日は、

誕生日に姉からもらった花束(→)を挿し直ししました。



c0145250_15265988.jpg

チューリップがね、光を求めてアチコチ向いちゃったの。



c0145250_1527879.jpg

全体的にちょっと短くしてこんな感じ。

10日たった今も、まだまだ健在です! ^^


んふふ、小さな黒いコが気になる?



c0145250_1527166.jpg

専属モデルが療養中のため、小さなニコピンにモデルしてもらったのです。



c0145250_15272325.jpg

この小さなニコピンは、この時の(→)、作っていただいたもの。


耳毛とか、目と目の間の白い毛とか、マズルの長さとか、
勝手に私がちょっと(もっとニコに似せたくって)いじりました~。 ^^;


作家のちゃあさん、もしご覧になっていたらスミマセン!
一緒に作っていただいた他のコたちは、いじってませ~ん。。



c0145250_15273160.jpg




c0145250_15273884.jpg

父ちゃんからもらった花束の方も、まだまだ健在です。





c0145250_15274769.jpg

これは昨日のニコ。

倒れてからのニコは、日中はいつもリビングの真ん中で寝ています。
時々自分で立ち上がって少しずつ場所を移動したりはしているけれど。

でもね、
私がキッチンに立つと、必ずキッチンの方を向いて寝ています。 ^^

そしてここ数日は、私がコーヒーを入れると、「ワタシにも!」とオスワリするのです。
以前は、いちいちベンチに駆け上がっては「ワタシも~!」と顎乗せおねだりのニコだったけれど・・
さすがに今は慢性の貧血もあり、ベンチに駆け上ったりはほとんどしなくなりました。

昨夜は、仕事から帰って来た父ちゃんを玄関まで迎えにも行きました。
父ちゃんが一緒の夜も低い方のテーブルで夕食を食べる事にしたので、
ニコもまた食事の時間が楽しみになったようなのです。



c0145250_1527546.jpg

ニコが枕にしているのは、以前ファンキ~に買ってあげたもの。





c0145250_1528367.jpg

これは2月22日のニコ。



c0145250_15281055.jpg

この頃は、こうしてコロンと横になって寝ているニコを見ると安心したものです。



c0145250_15281825.jpg

以前の記事にも書きましたが、
1月には腫瘍に効果があるという発売前のサプリメントの治験にも参加していました。
その治験の先生はニコを、「毛艶もよく元気もあるのに悪性腫瘍で心臓も悪いなんてぜんぜん見えない!」と言っていたのですが・・

主治医はニコの心臓が進行している(遺伝性の僧房弁閉鎖不全症)と言っていたし、
この頃のニコは、眠りたいのに眠れない・・、伏せをして寝ようとしても寝れずに起き上がりオスワリしている・・・
そんな事がよくあったのです。

主治医はそれを心臓が苦しいからだろうと言っていて・・

だけど、「そんなに心臓の悪いコが、いくら食いしん坊だからって走ったりジャンプしたりはできないはず!」という違う(方からの)意見もあったりで、

それに、ニコとは違う犬種だけれど同じ種類の腫瘍になったコも、ある時から伏せして寝る事ができなくなったと
ブログに書かれていたのを拝見していて・・
その方のブログにコメントを入れた事はありませんでしたが、
その方がそのワンちゃんに買ってあげたというマタニティ枕をさっそく私も探したのでした。

でも、ネット検索ではどれがよいか分からず、近所に赤ちゃん専門店などもなく、それで・・



c0145250_15282526.jpg

こんなのを自分で作ってみたのが2月19日の頃。

真ん中には私が寝る時に使っていたバスタオル。
その上には震災の時にニコと避難した近所のスーパーの屋上で、夜の寒さをしのぐためにいただいたベッドパットみたいの。
そしてさらにその上が、私たちが使っていたベッドパット。

作りながら、「これは私たちの匂いもたっぷりでニコには強力なはず!」と思った(笑)ら・・
本当にニコに大ヒットで、
夜はこれにすがって眠れるようになったのです。

今はもう伏せして寝れないなんて事はまったくなくなり、すぐにスースーと寝息をたてるニコだけど。
それでも夜になって本格的に寝る時には、これを枕にするのが好きらしい。

そしてですね、
ニコのリンパの腫瘍が自壊寸前になった3月15日の夜・・
この時は腫瘍の痛みだったのだろうけれど、ニコが眠れずにいて、
私は、その自分で作った枕みたいなのと一緒にニコを右手に抱え、添い寝していた。

この頃のニコ、夜に眠れずにいたりした頃で、
そうすると私も眠れなかったから疲れていたのか、ついつい右手に抱えたまま眠ってしまった。

気づいた時には右手は全く動かず、痺れた状態のまま。

午後になってもぜんぜん治らず、ちょうど父ちゃんが休日で家にいたのでニコを頼み病院へ。

看護士さんに「どうしましたか?」と聞かれ、話ながら涙涙の私。
3日後には父ちゃんの11日間の出張が決まっていたし、
右手が動かなくてはニコの面倒を見れないではないか~~~っ!!!と、
もう本当に絶望的な気持ちになっていたのです。

「固定して三角巾で吊る」という先生にも涙涙で理由を話し、自分で着脱できる簡易ギブスみたいなのを作ってもらったのである。

この症状は、「ハネムーン症候群」とも言われるもので、
愛しい女性を腕枕して寝た男性が年に数人来院するのだと院長先生に聞かされた。 (詳しくは→

「でもあなたの場合、愛しい相手はワンちゃんだったわけだ」と言われ、泣いたり笑ったり、、、でした。

だけど、院長先生も看護士さんもみなさん優しくて、
でも、ニコの状態を聞かれたので話したら、「それはもう長くはないって事だよ。」
「人間でも、もう何もできない状態」と。
わかっていた事なので、そう言われた事に動じたりはせず、手をなんとか使えるようにしてくれた事に感謝で一杯でした。



c0145250_15283467.jpg

今日も長くなってしまいましたが、お付き合いくださった方、ありがとうございます。

左側の小鳥は、今日庭に来ていたコ。 ^^
トラックバックURL : http://funfunnico.exblog.jp/tb/23893939
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by pecopecopekico at 2015-04-11 17:53
小さなニコちゃん、上手く出来てますね。
かわいい~。食いしん坊ニコちゃんの顔してるw

家族の看病は大変ですね。腕・・・そんなことが起こるんだぁ(>_<)
病院はかかりつけ医?うちの犬が・・・もろもろって号泣されて先生も戸惑ったかも~w
ごめんなさい、ワタシもよく泣くので、主人から恥ずかしいからいい年して他人の前で泣くなよって笑われちゃうから(^_^.)
優しい先生と看護師さんで良かったですね~。
Commented by キャバらぶ~ at 2015-04-11 20:08 x
今日も寒かったですね~
でも4月も半ば、やっと本格的な春になってくれるかな~と。

↓「自分の育て方が間違ってたのか・・・」
そんなこと絶対ない!
のに、きゃふぁにこさんがそう考えたりする気持ちが、
すごく分かります。
それって、母親特有なんでしょうね~。
きゃふぁにこさんは、今までも、これからも、
ニコピンのママです♪

うふふ、ハネムーンかぁ。
私は一人のベッドで、ぐっすり寝たい人なので、
夫はその症状とは、無縁だな。 (笑)
Commented by hagukitchen at 2015-04-11 21:07
お姉さんからの花束、今の方が好きだなぁ~
きゃふぁにこさん家にいるとお花もほんとに
嬉しそう、楽しそうになるんだから(*´∀`)
優しさが充満してるからでしょうね♪
生き物はそんなところが大好きなんだもの~♪
Commented by akko at 2015-04-11 22:22 x
年を取って出来ていたことが徐々に出来なくなるのなら仕方がないと納得もいくのでしょうけど、
病気で痛みも伴うとなると心配も看病も何倍にもなりますよね。
ニコちゃんが、穏やかに安心して毎日が過ごせることが何よりだと思います。
B.Bちゃんも、ニコちゃんの変化に気が付いているのかもしれませんね。
Commented by funfunniconico at 2015-04-12 15:26
☆pekicoさんへ☆
体力いりますよね。
だからやっぱり年をとってからは暮らせないと思う。

あ、号泣ではなかったんだよ。
事情を聞かれ、涙が溢れたって感じ。 ^^;
涙ってさ、泣きたくなくても出て来ちゃうから困るよね。 ^^;;
しかもなんでだか上半身はブラだけのままなのにポロポロ~~って。 ^^;;;
病院嫌いの私なんで、滅多に病院には行きません。
よって初めて行った病院です(笑)。。
Commented by funfunniconico at 2015-04-12 15:30
☆キャバらぶ~チャン☆
ありがとう。
主治医にも、何度も「免疫力が下がる体質に生まれたという事だ」と説明されても・・
「もしかして~」とか「なんでだろ~」とかって、
やっぱり考えちゃうんですよね。
心臓の方はキャバリアには多いから仕方ないと思えてもね。
ましてニコは5歳にはすでに、だったから。

うちの父ちゃんもなった事ないそうです(笑)。。
Commented by funfunniconico at 2015-04-12 15:32
☆にこりさん☆
そんな事ないんですよ~。
父ちゃんには、時々手厳しいし(笑)。。
にこりさんこそ、優しいコメントありがとう。 ^^
Commented by funfunniconico at 2015-04-12 15:37
☆akkoさん☆
どういうわけか今は食欲も戻り、スースーと穏やかな寝息を立てて眠れるようになったニコなの。
自壊寸前のところを先生に膿が外に出るように処置してもらった翌日頃から落ち着いたんだけど・・
先生は、眠れなかった頃は腫瘍の痛みよりも心臓の方だったんじゃないかと言うし、
ニコは語らないからどっちだったのかはハッキリ分からないけれど、
ニコが楽に眠れるようになり、そろそろ一月。
私も1ヶ月前よりは楽に眠れるようになりました。
B.Bは気づいてますねー。
Commented by chikogenki52 at 2015-04-13 13:13
こんにちは

にこちゃんがすごーく頑張ってて きゃふぁにこさんが懸命にに支えてる姿に胸いっぱいで ・・・
私がコメント入れていいんだろうか? と 思ったりもするの

お父ちゃん お母ちゃんの匂いの枕は にこちゃんがどれほど安心したかと思うと、もう目の前洪水よ
お婆ちゃんになったらこんなんかな~?
ここで自虐ネタを・・・
私は自分の体重で手がしびれるよ~ん ( ̄∀ ̄) 




 
by funfunniconico | 2015-04-11 16:47 | garden&home(NICO*&C | Trackback | Comments(9)