ハイ、お利口さんっ! ^^

c0145250_11352669.jpg

水浴びの後、毛づくろいするB.B。



c0145250_11353371.jpg

白い瞼が可愛い。。 ^^



c0145250_1135427.jpg




c0145250_11355046.jpg

と、ここまでは私の撮影ですが・・


ここから ↓ は、父ちゃんに撮影してもらいました。



c0145250_11355771.jpg

丸っこい体も可愛くて、ついつい・・ 



c0145250_1136490.jpg

触れてみたくなっちゃうの。 ^^



c0145250_1136135.jpg




c0145250_11362272.jpg




c0145250_11363012.jpg




c0145250_11363780.jpg




c0145250_11364487.jpg




c0145250_11365137.jpg

「ハイ、お利口さんっ!」



実はですね、
一昨日から1泊2日でB.Bは私の実家に行ってました。
私たちは私たちで、ちょっと出かけてました。

私たちが出かけるにあたって、B.Bをどうするか・・・、それが一番の問題で色々迷ったりしたのです。
去年の様に(→)一緒に連れて行こうかとも思ったけれど、
去年よりも長距離になるし、山道走行もあるし~~。。
まだ朝晩は冷える季節なので温度管理の事を考えると、病院に預けるのがいいかとも思ったけれど・・、
まったく知らない場所ではストレスになるかもしれない。
でもB.Bは寂しがり屋でもあるから、家にポツンと置いていくのもなんだかねー。。。
それに何かあった時の事を考えると心配だし、、、という事で、私の両親に預かってもらう事にしたのです。
B.Bは私の実家に行った事があるし、両親にも会った事があるし、
父も母も生き物が好きだから、きっと色々とB.Bに声をかけてくれるはずで、B.Bも退屈しないんじゃないかな~と思って。

結果的には、それで本当によかった!
電話でB.Bの様子を気軽に聞けるし、
私が電話すると、母は携帯をB.Bに向けてお互いにお互いの声を聞かせてくれて、
私が「B.B~、元気?」と声をかければ、B.Bも元気に返事をしてくれたので本当に安心しました。

母も「活発なB.Bを見てて飽きなかった」と言ってくれました。
そして昨日の朝は、「おはよう」の歌も歌って聞かせたらしい(笑)。
B.Bも首を曲げて聞いていたんだって。 ^^

昨日、私たちは午後3時半には迎え行きました。
もっと遊びたい気持ちもあったけれど、B.Bの事を考えると、明るい時間に迎えに行ってあげたかった。

B.Bは、ちゃんと喜んでくれたんですよ。
ケージの中に私が手を入れると、すぐにチョンと乗って来て、嬉しそうに触られていました。
家に帰る車の中でも、私の足元からずっと見上げていて、時々頭や手を撫でてもらうのを喜んでいる様でした。

家に戻り、1泊2日分の荷物を家に運び入れてから、すぐにB.Bを放してあげました。
B.Bを遊ばせながら、荷物を片付けたわけですが・・、
いつも以上に、どこに行くんでも付いて来て離れないんですよねー。

小さい体でもB.Bは感情豊かで愛情深く、
その命の存在の重さを
私は、自分の元に迎えた責任の重さとして受け止める。

ん~、なんていうか・・・
犬も同じだけれど、
人間の言葉で説明できないコらに、自分(人間)の都合を一方的に押し付けるという事が苦手なのです。

だけど、結局は、「なぜ?なに?どういうこと~??」だったろうB.Bを両親に託し、1泊2日で遊んで来ました。
楽しんで来ました。
すっかり安心して楽しめたのは、両親のおかげでもあるな~と思います。



c0145250_1137017.jpg

1泊2日の短い旅の話は、写真の整理ができてから・・。
トラックバックURL : http://funfunnico.exblog.jp/tb/20198462
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by akko at 2013-05-15 21:49 x
B.Bちゃん、可愛い~❤

人が動物をペットとして飼う以上、
そのペットの全責任を負う義務があると思っています。
命は人だって動物だって同じだし、
その命ある動物を人の都合で飼うんですもの。
もしろん、動物大好きだし可愛いし・・・ね♪

私もね、ぷっちゃんたちを迎えてから
外出しても早く帰ろうって思うようになったよ。^^
心配なだけじゃなくて、「あのコたちが待ってる」から♪

安心してお出かけで来て良かったね☆
Commented by メルポポ at 2013-05-15 22:52 x
間違いないのは動物は、可愛いこと。
Commented by makomikan at 2013-05-16 13:27 x
安心してお出かけ出来て、良かったですね。。。
Bちゃんも、ご両親のもとならば、きっとリラックス出来たことでしょう~♪
ワンコもインコも。。。。み~んな愛しい命ですよね。

最近、社会化ドッグトレーナーの方にお会いして
かんたのガウガウに対して、考え方が変わりました。
人とは違う種の生き物に対しての対応の仕方というか・・・
もっと、かんたの気持ちに寄り添いたいな~と思いました。
Commented by maymay at 2013-05-16 13:45 x
ご両親のところに預けられるなら安心してお出かけできますね。
うちの場合はネコなので給餌器にご飯セットして
お留守番してもらいます。
その方が預けるよりネコの場合はストレスないみたいです。
来月も1泊で出かける用があるので
そろそろ準備しないとです。
Commented by chiemom at 2013-05-16 13:49 x
動物を家で飼うって言うことはそういうことも全て引っ括めて覚悟して買うんですよね。それでも ちょっとお留守番してもらわなければいけない時があったり・・・寂しい思いをさせてしまうこともあったり・・・。
でもきっと迎えにきてくれたことで彼らはチャラにしてくれるのかも。戻った時 すごく喜んでくれて何時までも傍にくっついているのを見ると 置いていって~~!!って怒っているのではなく会えてよろこんでくれますものね。
Commented by funfunniconico at 2013-05-16 14:44
☆akkoさんへ☆
そうだね、「飼う」という事からして人の都合であって、
いろんな生き物をペットにする事自体も人の勝手から始まっているのかもー。
そうそう、「待ってるから♪」という気持ちもたくさんある。
けっきょくはとても可愛い。
でも可愛いければ可愛いほどに・・
愛情を注げば注ぐほどに・・
相手(生き物たちの)純粋さを知り、裏切れないという思いが強くなる。
そうして私は自由気ままな行動ができなくなる(苦笑)。
その「重さ」こそが、自分で引き寄せた「命への責任」なのかな~~~などと考えたりしました。 ^^;
Commented by funfunniconico at 2013-05-16 14:46
☆メルポポさんへ☆
人間以外の生き物の可愛さは、「純粋さ」から来るものかもしれない。
「純粋」だからこそ裏切れないし、
自分が守るべき命だからこそ責任があるんだろうねー。
Commented by funfunniconico at 2013-05-16 14:52
☆makomikanさんへ☆
私、昔も鳥さんと暮らしたことはあったのです。
だから、正直に言えば・・、「1泊くらいなら平気で家に置いて行けるだろう」くらいの、
今よりももっと軽い気持ちで迎えた自分がいたと思うのです。
でも、B.Bを知れば知るほどに・・
B.Bの「心」みたいのまでも考える様になってしまって、
そういう「重さ」みたいなのは、B.Bを引き寄せた自分自信の「責任」みたいなもんかな~~~
などと考えたりしました。

それに、ワンコに対してもだけど・・
私ってきっと「子離れできない親タイプ」ぽいとこあるのかもー。。。 ^^;
Commented by funfunniconico at 2013-05-16 14:59
☆maymayさんへ☆
ニャンコさんは「家に付く」とよく言うし、ごはんもワンコの様にいっぺんに食べてしまったりしないから、
お留守番が上手ですよね。
それにmaymayさんのお家は、一緒にお留守番の仲間がいるから寂しさも解消できると思う。
だけど、私って・・、もしかしてこの先ニャンコさんを迎える事があったとしても、
なんだかやっぱり溺愛してしまい、ニャンコさんの事も家に置いて出かけるという事に「んんんんーーー」と
なってしまうタイプの様な気がする。。 ^^;
最近そういう自分をよくよく分かってきたから、
「これからは安易に私に命を預けないでね」と父ちゃんに言ってあります~。。 ^^;
(B.Bを迎えたのは父ちゃんの希望だったので・笑)

来月は遠征かな?
Commented by funfunniconico at 2013-05-16 15:05
☆chiemomさんへ☆
あ~、そうですよねっ!
いつもよりも少し長い時間留守番させてしまったり・・
今回の様にB.Bを預けて出かけてしまったり・・
そういう事がある度に私たち人間側はなんだか申し訳ない気がしたりして、
「重さ」というものを改めて感じたりするけれど、
彼らは、ただただ心から喜んで「待ってたよ~」と迎えてくれて、
私たちのちょっとした裏切り(?)みたいのを決して責めたりはしないんですよねー。
だからこそ、ますます裏切れなくなっちゃたりもするんだけどね。
そういえば、昔、実家にいたポメラニアンのノンちゃんは、
留守番させると、わざと玄関にウンチしてるコでした~(笑)。。
by funfunniconico | 2013-05-15 17:30 | home(NICO*&B.B) | Trackback | Comments(10)