年を越え、そして震災をも越えた「青ちゃん」!

今日も青ちゃんの話はつづきますが(笑)、

c0145250_17295265.jpg

9月18日にガラスケースの中に確保されてしまった青ちゃんは、
しだいにスダチの葉を食べなくなり・・
サナギになる場所を探す様になりました。

それで、ガラスケースの中に枝を1本ななめにして入れてあげると、
やがてぶら下がり、体の中の余計な水分を出し、サナギになる準備に入りました。


そのまま動く気配はなくなりましたので、
ガラスケースから枝ごと出してリビングの出窓に置いておいたのです(笑)。



と!
9月21日のお昼頃、ぶら下がったまま激しく動き出しました。
それはちょっと怖いくらいの激しさで、
「ええーっ!?」と思い観察していると・・

c0145250_17343067.jpg

脱皮し、サナギになり、また動かなくなりました。 ( ↑ は、脱皮したもの)

c0145250_17394634.jpg

できたてホヤホヤのサナギはこんな感じでしたが、

c0145250_17401821.jpg

やがて木の色に変わっていきました。

c0145250_17424254.jpg


c0145250_1743074.jpg

まるでイナバウアーです!

このイナバウアーを支えているのは、

c0145250_17434286.jpg

青ちゃんが自ら作った、この糸の様なものなのです。


まだ9月の事でしたし、私は数日で蝶に変わるのだと思っていました。

だから、

c0145250_17453942.jpg

こんな感じにして、リビングの出窓に置いておいたのです。
(青ちゃんの枝の手前下にあるのは青ちゃんの抜け殻で、アゲハになる日まで置いててあげました。)


ところが、
10月になっても蝶にはならず、

ネットで調べ、
「越冬蛹(サナギ)」になるものもあるという事を知りました。

いよいよ暖房を入れる頃には、
季節を勘違いさせないために、青ちゃんを和室へと移動させました。

c0145250_17484359.jpg

そして青ちゃんは、私たちと一緒に年を越したのです(笑)。

でもね、
朝晩観察しながらも、「青ちゃん元気~?」と声をかけると、体(サナギ)をクイックイッと動かしたんですよ。
だけど、あまり動かして疲れさせてはいけないと思い、声かけは時々にしてましたけど(笑)。。


そんな感じで、いよいよあの3月11日の巨大地震を迎えてしまいました。


震災翌日の朝、ニコと家に戻った時に見た青ちゃんは、枝ごと仰向けに倒れていました。
すぐに起こしたものの、左側の糸が伸びてしまっていました。

声をかけても動きません。

震災の後、家に戻った私たちは電力復旧までの間は和室で過ごす様になり、
灯油のストーブを使う様になったため、
今度は青ちゃんを2階の東側の部屋の窓の下に移動させました。

糸が伸び、アンバランスになったままだった青ちゃん・・・それでも観察はし続けました。


すると、何日もかけゆっくりゆっくり糸のバランスが治っていったのです。

c0145250_18164871.jpg

けれども、やはり動くことはありませんでした。



ところがっ!

5月3日朝、「青ちゃんオハヨー」という私の声に突然反応し、クイックイッと動いたのです。
この時は嬉しかった~♪ ^^


この後はまた声をかければ反応する青ちゃんに戻りました。

5月12日までは・・。

つづく。 (おそらく次が最終章かな?)
トラックバックURL : http://funfunnico.exblog.jp/tb/16340550
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by maymay at 2011-05-18 10:24 x
声かけると反応するなんて感動しちゃう。

出会い編も見ましたよ。
威嚇するんですね。すごいなぁ。
Commented by funfunniconico at 2011-05-18 12:05
☆maymayさんへ☆
私の声に喜んで反応していたのではないとは思うんだけどね(笑)・・
たぶん声による振動とか息とかに反応していたのかな~。。
本当のサナギは4cmくらいの小ささだったの、それが声をかけると動く
わけで、
そんな青ちゃんに私も愛情の様なものを感じていたのも事実です(笑)。

はじめて青ちゃんを見つけ、いきなり威嚇された時には驚きましたよーっ@@!!
by funfunniconico | 2011-05-17 13:02 | 日常あれやこれや・・ | Trackback | Comments(2)