地震の後の3日間のこと、今日のこと・・

3月11日のことは昨日のブログに書きましたが、

今日はその後のことを書こうと思う。

【3月12日】
車の中で元気くんと元気くんのママ、父ちゃんとニコとで朝を迎える。
元気くんの家のお父さんが、「病院で炊き出しをもらえるから行こう」と誘いに来てくれるが、
父ちゃんは仕事に行かなくてはいけなかったし・・
私はニコと車にいた方が楽に思え、(ニコを抱きながら炊き出しの列に並んだりは困難にも思えた)
私とニコだけ車に残る事にする。
水もパンも前日、COOPさんに分けていただいたのが残っていたし。

家には戻ってみたものの、ニコは怖がって家に入りたがらない。
駐車場に停めた車にニコを入れ、私は少し部屋を片付けるも、余震が怖く落ち着けない。
気温も上がり、ニコが車にいるのも暑い感じになって来たので、車でCOOP屋上へと戻る。
この時、ニコのサプリメントやニコのごはん等を持ち出す。

ほとんどの時間を車の中でニコと過ごす。
空を見上げて思った事は、
今まで当たり前の様に過ごして来た毎日が、なんて幸せで満ち足りていたのだろう・・という事。
空を見るのが好きだったのに、
この日の空に浮かんだ雲は、鬼や悪魔の形に見えて怖かった。

車の中で父ちゃんが戻るのを待ち、この日も3人(?)で車の中に寝る。
街中が停電となったため、星がとても美しかった。
そうそう、この日は父ちゃんの40代最後の誕生日。


【3月13日】
父ちゃんは早くに仕事に行き、
私はまた家へと戻り、ニコは車で待たせながら家の中を半分以上は片付ける。
命があり、家族も無事で、帰れる家があるという事をしみじみありがたいと思う。
COOPの屋上には家を流された家族や、家族の消息が分からない方などもいて、
とても辛いであろうのに、それぞれがそれぞれをいたわり合っていた様に思う。
夜になるまで父ちゃんを車の中で待っている私とニコを心配してくださった中にも、そんな方がいた。
「もっと高いビルに一緒に移動しよう」と声をかけてくれた方もいた。
近所の方も、私とニコの様子を見に来てくれた。
「危ないから家においで」と何度も誘ってくれた方もいた。
知らないのにジュースを1本分けてくれた方もいた。

夜になり戻って来た父ちゃんが、「屋上にいるから余計に揺れるんだよ」というので、
この夜はCOOPの下へと移動し、やはり車の中で寝る。


【3月14日】
父ちゃんは仕事に行った後、朝一番でガソリンスタンドに2時間ほど並んでみるもガソリンは買えなかった。
ただしガソリンを待っている間、道路の向こう側の製麺販売店がみんなにうどんを1箱ずつ分けてくれる。
私もありがたく分けていただき、近所の方に配った。

地震によって動いてしまった家具のうち大きなものは、父ちゃんに直してもらおうと思っていたが、
父ちゃんもなかなか休みをもらえそうにない常態だったので、
「よくぞこんなのまで!」という様な重たい家具も全て自分で直した(笑)。
持ち上げて・・・ではなく、力で押してやったという感じ。
電気がまだのため掃除機をかけられず、ガラス類の破片などをニコが踏む事が心配だったので、
床などは全て水拭きした。

ガスも電気も止まったままのため、近所の方が灯油のストーブを貸してくれ、この日から家で寝る事に。
11日から入れっぱなしだったコンタクトを外し、
やっと顔を石鹸で洗う事ができた。 (歯は、12日からは磨けていたと思う)

c0145250_11585036.jpg

14日の夜。
私は用意の悪い人間で、懐中電灯に入れる乾電池がなく、この夜はロウソクで。
翌日は休みをもらえた父ちゃんと、4日ぶりにビールを少しだけ飲む(笑)。
結婚してからこの時まで、父ちゃんも私もこんなにアルコールを抜いたのははじめて(笑)!
まあ、こんなに髪を洗えなかったり、お風呂に入れなかった日々もはじめてで、
冷たい水で靴下などを洗濯したのもはじめてです。

初日は、ロウソクだけの明かりが・・

c0145250_12151534.jpg
翌々日には父ちゃんの会社から借りた照明で明るくなり、
ビールはまた毎日飲める様になり(笑)、
(真ん中の写真はテッシュボックスをテーブルにして夕食中のニコ。右は豚足を齧っているニコ。)

c0145250_12155133.jpg
数日後には、ご厚意でいただいた頭に付ける懐中電灯で便利にもなりました。
(上は父ちゃんの頭に着けたところ。下は私が頭に着けてキッチンで洗いものをしてるところ)


c0145250_12252856.jpg

そんな日々、庭ではクリスマスローズが次々と開花し出しました。


【今日の午前中のこと】
ニコは片時も私たちのそばを離れない。
今日までもまだ、リビングに布団を敷き洋服を着たままで寝ているけれど・・
ニコはそんな私たちの真ん中に、顔だけを布団から出して寝ている。
私たちも熟睡できる様になったけど、ニコもよく寝る。
よく寝ながら夕べは私の枕を占領し、私は布団の端っこに小さくなって寝た。

家の中にニコだけを置いて出かけるのは可愛そうな常態なので、
今日の午前中はニコを車の中に入れ、近所のスーパーに行ってみる。
40分ほど並んだ後、豆腐や納豆、レタスなどが買えた。

父ちゃんの会社から給与の振込みはあったものの、近所のATMが地震による故障で引き出せない事を知る。

それと・・
私たちの町内会は無事だったものの、すぐ近くには蒲生や白鳥・岡田など津波の被害のあった地区があり、
近所の公民館に避難している方たちがたくさんいる。
そこに町内会から毎日何人かずつのグループを作り交代で炊き出しに行っているらしい。
私にはニコがいるから無理だろうと気遣ってくれた様で、はじめから声がかからなかった。
その気遣いをありがたいと思うと同時に、申し訳なくも思う。
平和な時は誰にも迷惑をかけずに犬と暮らしているつもりでいても、
こんな時には、こんな風に、周りの方の優しさによって守られるのだという事を感じる。

それから、
スーパーから戻ってみると、留守電にメッセージが入っていた。
どうやら私たちを心配して電話をくださった様で、優しい気持ちが伝わってくるお声ではあったけれど・・
果たしてどなただったのか?
大事なはじめの部分が何度聞いてもよく聞こえない。
ブログを見て下さってるとの事だったので、ここに私からのメッセージを書きます。

今日、我が家にお電話くださった方、ありがとうございます。
非公開コメントに「私です!」と入れていただければ、こちらから電話します。
よろしくお願いします。
トラックバックURL : http://funfunnico.exblog.jp/tb/16095816
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kayo+りんれん at 2011-03-24 15:06 x
きゃふぁにこさんも、父ちゃんさんも、ニコちゃんも・・・ご無事で本当に良かった。。。
何度も何度も(ストーカーのよう^^;)携帯からアクセスさせてもらってましたが、オーちゃんmamaさんの書き込みに胸をなで下ろしました。

寒いし、余震の続く日々。
体調を崩されませんように。
それから、ニコちゃんの不安や緊張が少しでもほぐれていってくれますように。
Commented by りんご at 2011-03-24 15:28 x
こうして文章で読むと、あっという間。
けど、実際の体験は、文章には現し切れないほどの
恐怖とか、不安とか、いろんな感情があったのだろうと
想像します。
車で過ごした数日間、寒かったでしょう?怖かったでしょう。
きっと、もう大丈夫。しばらく余震は続くかもしれないけど
もう大丈夫。
暖かくして風邪ひかないようにね。

そうそう、言うのを忘れていました。
お父ちゃん、お誕生日おめでとうございました。
とんだ誕生日になっちゃいましたけど、
みんなが元気でいてくれて、よかったですね。
私も同じ3月生まれ。なんだか嬉しいな。
Commented by fu-chi at 2011-03-24 20:02 x
きゃふぁにこさん。本当にご無事で良かった。↓11日のこと、そのときの自分のこととも重なり胸がギュっとします。どんなに怖かっただろう、どんなに不安だっただろうって。でもやっぱりご無事で本当に良かった...涙なくしては読めない文章です。早く暖かな春になりますように。余震が出来れば少なく弱くなりますように。願って止みません。私も同じ3月生まれです。父ちゃんお誕生日おめでとうございます。落ち着いたらお祝い第二段開催してくださいね。寒いので風邪をひかないように気をつけて、ニコちゃんの不安も少しずつ取り除かれてゆきますように。
Commented by キャバらぶ~ at 2011-03-24 22:35 x
父ちゃんさん、。お誕生日おめでとうございます!
ちょっと遅れましたが・・・40代最後の年は大変なことから始まってしまいましたが・・・
でもこの体験もいつかは「あんなだったな~、本当大変だった」と必ず過去になりますので、どうか踏ん張ってください。

二コピンを気遣うご近所の皆様の優しさ、恐縮はしてしまうでしょうけど、嬉しいですね~。
二コピンがワンコということで、きゃふぁにこさんも申し訳なくなるかもしれませんが、乳児がいるのと同じだと・・・私は思います。
こんな時だから、日頃のご近所付き合いなどが生きた結果だと思いますよ。
今まできゃふぁにこさんの優しさで、周りの方達もいっぱい助けられたんだと思います。

ぐっすり寝て、疲れをためないで下さいね~
Commented by makomikan at 2011-03-25 08:37 x
日常、何気なく行っている事が~
なんて素晴しく有難いことなのか・・・ひしひしと感じます。
そして、自分も大変なのに、人を思い助けあい。。。皆さん優しいですよね。

父ちゃんさん!!お誕生日、おめでとうございます☆
とっても大変な時ですが、
くれぐれも身体に気をつけてくださいね。
Commented by ココ at 2011-03-25 11:23 x
読めば読むほど心が痛みます。
普通の生活ってすごいことなんですよね。
そしてご近所の優しさに感動します。
関西ならどうなんだろうって・・・
クッキーを亡くしたときに東北の方々の優しさは並大抵でないこともしりました。
そんな土地柄もあって優しさが溢れているのでしょうね。
父ちゃんさんもきゃふぁにこさんとニコちゃんを残して仕事に行くのはどんなに後ろ髪をひかれたことでしょう。
スーパーでの買い物もままならないようで辛いでしょうが、くれぐれも病気にならないように気をつけてくださいね。
Commented by たまはな at 2011-03-25 18:51 x
普通の生活って凄く有り難いですよね!!
計画停電になったり、町から品物が消えてホントにそう思います。
物が溢れすぎてたのかなともね。

父ちゃんさん誕生日だったのにね。
お祝いは改まってかな。

周りの人の優しさに凄い暖かさを感じますね。

今回の震災、東北だから助け合いが多いのかな。
こっちだったらどうだろう??って思ってしまいます。

余震、まだ収まらないけど早く終息して、ニコちゃんが安心出来る日が
来るといいね!!
Commented by meecharlie at 2011-03-25 22:30
やっとご両親に会えたんですね。
お互いに心配だったことと思います。
みなさん無事で本当によかったです。

カメラも無事だったんですね!よかったです。
避難生活の様子も激写してますね^m^
さすが、ニコちゃんパパさん。

蝋燭やストーブの明かりで過ごしている写真を見ると、
いろんなことが伝わってきます・・・いろんなことを考えさせられます・・・
今日もまだ余震が続いているようですね。
気をつけてお過ごしください。 
Commented by funfunniconico at 2011-03-26 12:06
☆kayoさんとリンちゃん&レンちゃんへ☆
ご心配いただきありがとうございました。
オーちゃんmamaが私たちの様子をブログに書き込んでくれていた事を知り、
それと同時に皆さんが何度もコメントを入れてくださっていた事を知り・・
私、ほんとに泣きました。 ^^

リンちゃんレンちゃん地方も計画停電など実施されているのでしょうか?
余震などの心配もあり、何かと不便でしょうが、どうぞお気をつけてお過ごしくださいね。
まだまだ不安の消えない日々ではありますが、私もニコと楽しい気持ちで過ごしていきたいと思っています。
コメントをありがとうございました。
Commented by funfunniconico at 2011-03-26 12:10
☆りんごさんへ☆
りんごさんの優しい言葉にウルウルです。
本当にもう大丈夫って思いたいなぁ。
車の中ではね、毛布を持ち込んでいたし、夜にはエンジンかけて暖房したから大丈夫だったの。
でも、それでガソリンがどんどんなくなりました。 ^^;

父ちゃんにもありがとうございます。 ^^
40代最後の誕生日は、きっと一生忘れられない誕生日になった事でしょう。
Commented by funfunniconico at 2011-03-26 12:16
☆fu-chiさんへ☆
ご心配いただきありがとうございました。
本当に怖かったです~、だって避難した最初の頃は胃がキリキリしましたもの。
でも、私たちは無傷の様なものだから・・。
もっともっと怖くて辛い思いをした方が本当にたくさんで切ないです。

ニコは、私が抱いている時や一緒に寝ている時の余震は平気な様ですが・・
いつも抱いているわけにもいかず、そんな時に余震が来ると洗面所にピューっと走って行き、
ブルブル振るえ心臓もバクバクなんです。
早く余震が治まってくれるといいんだけど。
当分、留守番は無理な様です。

父ちゃんにも、ありがとうございます。 ^^
Commented by funfunniconico at 2011-03-26 12:22
☆キャバらぶ~チャンへ☆
父ちゃんへのお祝いの言葉、ありがとうございます。
40代最後の年になるから、今年はたくさん楽しもうって思っていたんだけどね。。
でも、越えられるものから、この地震を越えていかなければいけないよね。

ご近所の方たちは、み~んな私にもニコにも優しいです。
それから、最近の私はけっこうグッスリ~。
家で寝る2日目くらいから、眠れる様にはなったかな~。
キャバらぶ~チャン、いつも優しい言葉で励ましてくれてありがとう。 ^^

Commented by funfunniconico at 2011-03-26 12:30
☆makomikanさんへ☆
なんでもない当たり前の様に過ぎていく毎日が、本当にしあわせな毎日だって事を
つくづく感じました。
それから、いろんな方の優しさも、たくさん感じる事ができました。
ニコに対しても、たくさんの優しさをいただいて、町内会のワンコとして
守られている様な感じがしました。 ^^

父ちゃんにも、ありがとうございます。
連日忙しく大変な様でもありますが、そんな中・・「タバコが買えない」と
心配しているので、これを機会に「止めちゃえば~!」と言ってやりました(笑)。
Commented by funfunniconico at 2011-03-26 12:35
☆ココさんへ☆
東北とか、関東とか、関西とか・・・
きっとあんまり関係ない様な気もする。
人は、やっぱり優しいんだよ、って思う。
辛い時だからこそ分かち合える優しさってのもあるんだと思う。
それから、ご近所さんはみ~んなニコに、いつも優しいです。 ^^

はじめの2日間で体重が激減したけれど、なんだかすでに戻りつつある様な。。 ^^;
大丈夫よ、ちゃんと食べて飲んでるから(笑)。
Commented by funfunniconico at 2011-03-26 12:41
☆たまはなさんへ☆
なんでもある生活が当たり前になっていたので、まさかこんな風になるとは思っていませんでした。
逆に両親などは、「戦争を生き残ったんだから、こんな事は平気!」と強いです。

父ちゃんの誕生日祝いは、いつになるかな~。
一応「おめでとう」だけは伝えたんだけど。

人はやっぱり優しいのだという事をつくづく感じました。
ふだんはお互いの間に垣根の様なものがあっても、困難に直面した時には、
それを取っ払って助け合える・・そんな気がします。

ニコは、抱っこされてる時か一緒に寝てる時が一番安心の様なこの頃です。。 ^^;
Commented by funfunniconico at 2011-03-26 12:46
☆meeさんへ☆
ありがとうございます。
電話やメールで話しててはいても、やっぱり顔を見て話をし、ホッとするものがありました。
ニコもなんだかホッとした様で、ジーちゃん(私の父)におやつをねだって甘えていました。

デジイチは棚から落ちたんです。
それを父ちゃんに伝えていたので、すぐに調べながら撮影した様ですよ(笑)。

生まれてはじめてのたくさんの経験をしました。
それと同時に、たくさんの優しさもいただきました。
meeさんも、色々とありがとうございます。 ^^
by funfunniconico | 2011-03-24 13:44 | 日常あれやこれや・・ | Trackback | Comments(16)