そして空になった。

c0145250_12483965.jpg

空の青さが なつかしいわけは
小さな僕らの昨日があるから
見上げることが うたに似てるのは
夢の続きが そこにあるから
  (平原綾香さんの『星つむぎの歌』より)

c0145250_1321420.jpg

2年前の今日は、冬の様な空の一日だった。

2日前より急に体調を崩したファンキ~と、そしてニコもいた。
3日つづけての病院通い。
その朝、ファンキ~の体調は益々思わしく無かったけれど・・
院長の説明では、点滴をしたまま家に帰れるはずだった。
24時間、自宅での点滴になると・・。
入院でない事に私はホッとした。
院長も、「飼い主から離れる事はこの子にとっては負担になるだけ。」という考えだった。

c0145250_1322951.jpg

個室で点滴を受けているファンキ~と私。
そして私の足下にはニコ。
ニコは、何もかも分かっている様におとなしかった。
時々先生が様子を診に来るものの、私たちだけの静かな時間。

2~3時間そんな風にして点滴を続け、
落ち着いたら点滴をしたまま家に帰れるはずだった。

帰れるはずだったのに・・・

ファンキ~は、眠ったまま静かに静かにいってしまった。

c0145250_131248.jpg

でも、

点滴を受けながら眠っていたファンキ~が一度起き上がり、
私を向いて座りなおし、そのまま私の顔を見つめている時間があった。
苦しそうな様子もなく、ただただ静かに私を見つめていた。
「どうしたの?大丈夫だよ。伏せして。」そんな事を言ったと思う。
間もなく伏せしたファンキ~は、甘える様に私の右手に顔を乗せ眠った。

眠っているのだと思っていた。
休ませてあげたいと思い、そっと静かに見つめていた。

でも、そのまま・・

もう目を開ける事はなかった。

c0145250_13253694.jpg

様子を診に来た女医さんがファンキ~を抱き上げた時、
ファンキ~の腕に力がないのを見て、私がはじめに気付いた。

そこから急にバタバタした・・

心停止の時間を告げられたけど覚えていない。

ぼんやりと「終わったんだ。」と思った。

そして、

ただただ溢れる涙を止めることができなかった。

c0145250_13301355.jpg

どれだけの時間が過ぎてからなのか分からないけれど・・
ファンキ~とニコと車に戻った。

そのままその場に沈み込んでいきそうになる自分の心を奮い立たせ、エンジンキーを回した。

キャバの時だって、何度となく辛い時を越えたではないか・・
そんな風に自分を励ました。

ともかく家に帰らなくては・・・そう思った。

c0145250_1417255.jpg

家に帰り、ファンキ~を布団に寝せた。
ただ眠っているかの様な、いつも見慣れた穏やかな顔だった。

蒸しタオルを用意し、ファンキ~の体の隅々まで拭いた。
大きくて黒い鼻、もう閉じられているけれど優しい瞳のある場所、口元、大好きだった全て・・
手も耳の中も、お腹もお尻も、結局みんな大好きだったから全部拭いた。

それからファンキ~の長い毛を丁寧に梳かした。
若い頃は、長く美しい豊かな・・自慢の毛。
毎日ブラッシングした愛しい毛。

私がしてあげられる最後の事だった。

c0145250_1356255.jpg



c0145250_1345722.jpg

2日後、
煙突から出る煙の最後までを ずっと見送った。

ファンキ~の煙はやがて空に消えていき、
きっとあの日から、ファンキ~は私の空になったのだと思う。

c0145250_14245798.jpg

ファンキ~は、もともと優しい子だったけれど、
亡くなる時までも本当に優しかった。

苦しそうに喘ぐことも、肩で息をする様なこともなく・・
私に眠っているのだと思わせていってしまった。

今になって思えば・・
ファンキ~が最後に見たのは私の顔。
ファンキ~が最後に聞いたのは私の声。
そして私の手のぬくもりを感じながら眠る様にいったのだから、
私にとっては恵まれた別れだった様にも思う。

c0145250_1426773.jpg

あれから2年という時が流れ、悲しみは癒えたのか・・と聞かれれば、
そんな事はない様に思う。

まだまだ一緒にいたかったという未練があるし、
愛して止まない存在との別れには今でも泣ける。

でも、

一緒に過ごした日々の思い出が私の心を温め励ましてくれる。

見上げた空が青ければ、そこにファンキ~を感じる事ができる。

c0145250_14274510.jpg

からだを超えて 祈りをつないで
ふたたびまた ここでめぐりあえるよ

僕らは愛さずには生きていけない
こわれる心に 口ずさんで
同じ時代と ひとつの空に
奇跡のかけらで つむいだ歌を


c0145250_14295676.jpg

それにね、
ファンキ~に可愛がられて育ったニコが、日々私に元気をくれる。

そんなニコも、ファンキ~を亡くした事から不整脈になった時期があり・・
そして乗り越えた。

かつてキャバやファンキ~を愛した様に、
同じ心でニコを愛しいと思う自分がいる。

いつかはニコとも別れる日が来るのだろうとも思う。
それは本当に辛い辛い事だけれど・・
それが命を預かったという責任なのだと思う。
だから、
その日が来るまで、たくさんたくさんニコを愛したいと思う。
結局、それしかできないから。。



c0145250_1456769.jpg

5歳の頃のファンキ~。
私が撮ったファンキ~の中では、一番好きな写真。
まだまだ遺伝性心臓病の症状もなく、元気一杯だった。
(享年10歳7ヶ月2日)

forever more love ・・

伝えたい言葉は、「ありがとう」それだけ。


今日はニコと一緒に、ファンキ~とキャバに会いに行って来ます。
トラックバックURL : http://funfunnico.exblog.jp/tb/12786152
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by たまはな at 2009-10-30 12:22 x
泣いてしまいました。

たった10年・・・凄く短く思うけど・・・
ファンキ~君にとって充実した10年だったのでは??
沢山の愛を貰ったんだからね。
もちろん今でもね!!!

きっとファンキ~君もありがとうって言ってると思いますよ。
Commented by meecharlie at 2009-10-30 14:11
ファンキ~くん、二年前の今日だったんですね・・・
きゃふぁにこ♪さんのそばで、とても安らかで、静かな旅立ちだったのでしょうか。文面からは、そんな風に感じました。
人でも動物でも、苦しみながら亡くなる人も多いと思います。
ファンキ~くんは、少なくともそのような状態ではなかったように感じます。 

今日は、二人でお墓参りだったのでしょうか。
funky’s blue sky でしたか~?
こちらは晴天なんですけどね~^^

Commented by skipdog at 2009-10-30 15:06 x
青空になったファンキ~君、私のところからも今日も見えますよ。

いつ見ても長い飾り毛と穏やかな表情のイケメンです。
きゃふぁにこさんの「王子様」と言う言い方が本当にしっくり来ますね。
私にとってもいつまでも大好きな存在です。
きっとうちの海と天国で仲良くしてくれてると思います。

ありがとう、これからもよろしくね。
Commented by ココ at 2009-10-30 16:30 x
また泣いてしまった・・・
2年前の涙のブログを思い出しました。
あの時はコメントも残せなかったけど、ファンキー君とまた、今めぐり合えて、きゃふぁにこさんともお友達になれた。
ファンキー君ありがとう。
涙が止まらない・・・
Commented by テリリン at 2009-10-30 21:07 x
今日はファンキー君の大事な日だったんですね…
PCを見ている私のすぐ隣で静かに小さな小さな寝息をたてているテリーのぬくもりを感じながら読みました
涙が出ちゃいました
今夜は家族みんなでファンキー君の思い出話をしているのでしょうか?
Commented by fleur-hi at 2009-10-30 23:29
ファンキー君を知らなくても涙でちゃいますね。
どんなに愛していたか、それをファンキー君も理解していたかが、
伝わってきました。
幸せなワンちゃんだったと思います。
Commented by funfunniconico at 2009-10-31 15:53
☆たまはなさんへ☆
泣かせてしまってスミマセン。。
でも、ありがとう。

本当にね、たったの10年って感じです。
どうして犬は、駆け足で老いていくんだろう・・・って思った事もあります。
だけど、仕方がないね~。
見送る事も、責任の一部だものね。
いつか私もお空にいった時には、もう一度シッカと抱きしめたいと
願っております~。。 ^^;
Commented by funfunniconico at 2009-10-31 16:04
☆meeさんへ☆
早いもので2年という月日がたってしまいました。
眠っているままいってしまったかの様な・・本当に静かな旅立ちでした。
苦しむ姿を見なかった事は、正直救いでもあったと思います。

仙台は、昨日までは晴れて暖かでしたが・・
今日はどんよりした空で寒いです。
ニコと私とでお墓参りをし散歩もして来ましたが、
ニコにソフトクリームをねだられて大変でした~(笑)。。
Commented by funfunniconico at 2009-10-31 19:59
☆skipdogさんへ☆
ありがとう。
昨日も、今日も。

skipdogさんの言う通り、きっと海くんと仲良くなって一緒にいますよネ♪
って事は~、、、私もあの世にいったなら、
またキャバやファンキ~たちと一緒に暮らしたいと思っているから(笑)、
あの世でも、いつかはskipdogさんのお世話になるかもしれません~~(笑)!! ^^ (どうか逃げないでっ・・。。。)

今日は寒い仙台・・・煮込みラーメンの温かさが沁みました~~◎
Commented by funfunniconico at 2009-10-31 20:07
☆ココさんへ☆
泣かせてしまって、ごめんなさい。
でも、ありがとう。
だけど、ココさんはまだまだ泣いてる場合ではありませんっ!!
クウちゃんとの愛しい時間を たくさんたくさん・・どんどんどんどん・・紡いで下さい。

こちらこそ2年前の事を覚えていて下さって、
私のブログにコメントを下さった事を本当にうれしく思っています。
ココさんのブログ、了解も得ていないのにリンクを貼らせていただいちゃいました~。。 OK??
これからもヨロシクです◎ ^^

Commented by funfunniconico at 2009-10-31 20:16
☆テリリンさんへ☆
読んで下さってありがとう。
そして泣かせてしまってごめんなさい。

ワンコと暮らすと、優しさをたくさんもらいますよね。
小さい体で、たくさんのぬくもりと優しさを私たちに与えてくれる・・・
とてもとても純粋で優しい存在。
だからこそ、私たちも真っ直ぐに愛せたりするのだと思います。

テリリンさんも、テリーくんとの愛しい時間をたくさんたくさん紡いで下さいね。
テリーくんは、まだまだ若いから、
これから益々テリリンさんの言葉や心を理解し、どんどん絆を強めていくことと思います◎ ^^
Commented by funfunniconico at 2009-10-31 20:25
☆fleur-hiさんへ☆
温かいコメントをありがとうございます。

ファンキ~は、ファンキ~の犬種に多い遺伝性の心臓病だったんです。
亡くなる2年半前から薬を処方され、毎月病院にも行っていたのですが・・
進行性のものなので、治す事はできませんでした。

たった10年ちょっと一緒に暮らしただけだったけれど・・
たくさんの幸せや優しさをもらったと感謝しています。

fleur-hiさんのブログ、
リンクを貼らせていただいたのですが・・・良かったでしょうか~??

Commented by fleur-hi at 2009-11-01 16:57
もちろん。嬉しいです。
私もリンクさせてもらいたいのですが、ブログ初心者なのでリンクの仕方がよくわからなくて。
勉強してできるようになりましたら、リンクさせてください。
Commented by funfunniconico at 2009-11-01 20:15
☆fleur-hiさんへ☆
ありがとうございます。 ^^

同じエキサイト同士のリンクは・・
自分のブログを開きログイン。
それはそのままにして、またインターネットにアクセスし、
リンクしたい方のブログを開く。
そうすると、上の方に『リンク』という文字が表示されるので・・
それをクリックするだけです。

などと書いてはみましたが、私もまだまだ分からない事ばっかりです。 ^^;
by funfunniconico | 2009-10-30 06:26 | C&F&Nの思い出 | Trackback | Comments(14)